ゼロホームは京阪グループの一員になりました

建築の専門用語は、一般的によく耳にするものから大工さんの間でしか使われないものまで様々で、一般消費者にはわかりにくいのが実情です。そこで、住宅の建築においてよく使われる言葉をまとめてみました。

用語説明のあとに 建築用語集 マークのある用語には画像があります。アイコンの上にカーソルを重ねると、画像がご覧いただけます。五十音別に並べていますので、下記よりお探しの言葉の行をお選び下さい。

赤身(あかみ)
木の心材部分のこと。
揚げ前(あげまえ)
柱の根継や不同沈下のために、てこやジャッキを使って建物の一部あるいは全体を持ち上げること。
足固め(あしがため)
敷居の受け材のこと。
網代(あじろ)
薄い板や竹を交互に編んだもの。
(あぜ)
画像
敷居の真中に通る仕切りのこと。
遊び(あそび)
工事後の木材の狂いなど力の逃げを考慮してする細工のこと。ボルト穴を少し大きめに開ける等の工夫を施すのも「遊びを(余裕)設けておく」と言う。
陽疾(あて)
針葉樹が立木のうちに肥大成長したために起こる製材の欠点部分をいう。
あばれる
材料が乾燥して大きく反ったり、曲がったり、ねじったり狂ったりする状態のことをいう。
洗う
住宅建築の際に、工事が一通り終わった後に建具・フローリングなど全ての掃除をすること。工事が終わることを指す場合もある。
荒らす(あらす)
材料の表面をザラザラにすること。
荒床(あらゆか)
畳の下に敷いてある板のこと。

イガミ突き(いがみつき)
歪んだ建物をケンドで突いたりロープで引っ張り、元の状態に戻すこと。
生節(いきぶし)
木材の節のうち,枯れないで周囲の繊維と連なっているもの。反対語は死節。死節は中央を叩くと抜けることがある。抜けたものを抜け節、ふし穴という。
板図(いたず)
大工棟梁が板に描く設計図、間取りと屋根の形状及び床やオダレなどの有無。建具などの設計上のすべての情報が盛り込まれる。
EW(イーダブリュー)
画像
エンジニアリングウッドの略。集成材のこと。
一文字瓦葺き(いちもんじかわらぶき)
瓦や金属屋根の葺き方の一種。軒先瓦のタレの下端が一直線に揃う瓦を使った葺き方。
糸面(いとめん)
角材を仕上げた後に角を細く削り取り面を付けること。
犬走り(いぬばしり)
画像
建物の周囲に砂利を敷き詰めたり、コンクリートを打った部分のこと。雨水の跳ね返りなどによって、基礎や建物が汚れるのを防ぐ目的がある。
いも
ホゾ等を使わず簡単に切った材をそのまま取付すること。

内法(うちのり)
上下の間のこと。柱間、窓、出入り口などの内側の距離のこと。
内貼り(うちばり)
画像
建物の内部から外壁材を貼る工法。
腕木(うでぎ)
柱から横に差し出した水平部材のこと。

FRP(エフアールピー)
Fiberglass Reinforced Plasticsの略で、ガラス繊維で強化したプラスチックのこと。

大入(おおいれ)
木の端を他の木に全部差し入れること。
   
大矩(おおがね)
地盤面などに、直角を出す時に使う定木のこと。現場で簡単にできるため、昔から基本的に使われて来た直角定木。
大壁(おおかべ)
仕上げ材で柱を隠して表から見えないようにした工法。反対語は真壁。
大引(おおびき)
画像
根太を支えるための床組みの部材。
納まり(おさまり)
部材と部材の取り合わせのことを言う。
オダレ
下屋の出桁の下に掛け渡される幕を掛ける為の材。幕掛け、水引框とも呼ばれる。
ページトップへ