ゼロホームは京阪グループの一員です

ゼロホーム住宅お役立ち情報

新築住宅で後悔するコンセント!何に気を付ければいい?

間取りや外観など、こだわり抜いて建てた新築住宅。家が建つまでは何かと大変ですが、完成したときの感動は非常に大きいものです!
しかし、新居に暮らし始めてから気付く失敗もあります。特に多いものの一つがコンセントに関する失敗です。
今回は、新築住宅で多いコンセントの失敗例と対策方法をご紹介します。

■場所別で見る新築住宅のコンセント失敗例

まずは、場所別にコンセントの失敗例をご紹介します。

・キッチンやダイニング

キッチンには電子レンジや炊飯器、湯沸かしポットといった調理家電が多く、家の中でも特にコンセントが必要になる場所といえます。また、ダイニングでもホットプレートや卓上のIHヒーターなどを使用する際にコンセントが必要になります。キッチンとダイニングにコンセントが少ないと、調理家電を思うようにコンセントに繋げられず、いざという時に困ってしまうことになります。

・リビング

テレビ用以外にゲーム機やブルーレイレコーダー等の録画機器、扇風機など、コンセントがたくさん必要になるリビングルーム。さらに、最近では在宅ワークなどをする方も増え、パソコンやプリンタなどのPC関連用品の利用や、スマホやタブレットなどの充電など、以前にも増してコンセントを使用する機会が増えています。
ほかにも、コンセントの数が少ないと、リビングの広さによっては掃除機をかけるときにコードが届かずストレスを感じてしまいます。

・玄関や屋外

玄関や屋外にもコンセントが必要だったと後悔する方が多くいらっしゃいます。電動自転車の充電や玄関先にアロマポットを置きたいという場合にコンセントが必要になります。
また、屋外にコンセントがあるとセンサーライトや防犯カメラを設置することもできます。新居を建てる際には、新しい家での暮らしを色々と想像してみて、家の中だけでなく屋外にもコンセントが必要かどうかを考えておくことはとても大事です。

■新築でのコンセントの後悔を防ぐには?

新築を建てる際、盲点になることが多いコンセント。
どうすれば新築住宅での失敗を回避することができるのかをご紹介します。

・コンセントの位置は「掃除機」がポイント

コンセントを配置する際にポイントとなるのが「掃除機」です。
間取りを検討する際に、新築住宅で掃除機を使用する姿をイメージし、掃除機のコードが部屋の隅々まで届くかどうかを考えてみましょう。また、最近人気の充電式のロボット掃除機やスティック掃除機の場合、常に部屋の片隅に置いておくことになりますので、家具の配置や動線なども考慮してコンセントの位置を確保しておくことをおススメします。

・コンセント設置数の目安は?

目安として、コンセントの設置個所は1~2ヶ所でも、コンセントの設置数としては6畳までで3個、6~8畳で4個、8~10畳で5個が最低限必要な数といえます。
注意したいことはコンセントの設置箇所数と設置数(口数)は異なるという事です。必要に応じて、2口や3口といった数を決めましょう。

・コンセントの高さも考えよう

将来のことを考えてコンセントの高さにも注意をしておきましょう。若いうちはコンセントが低い位置にある方が目立たなくて良いと思うかもしれません。しかし、年齢を重ねると低い位置にあるコンセントを使う度に腰や膝が痛んで使いづらさを感じるようになるかもしれません。バリアフリーを考えた場合、コンセントの位置は床から45cm前後の高さが良いといわれています。

■使い勝手がよくなる! 新築住宅の賢いコンセント計画

最後に、使い勝手が良くなる賢いコンセント計画をご紹介いたします。

・プロにアドバイスをもらってコンセントを増設

新築を建てた後にコンセントが足りないと気付いた場合は、リフォームでコンセントを増やすこともできます。しかし、コンセントの数を増やしたからといって使用できる電気の容量が増えるわけではありません。後から増やすとブレーカーが落ちる原因にもなります。特にキッチン回りはブレーカーが落ちやすい場所なので、初めから多めに設置しておくことをおススメします。
また、間取りプラン検討時に、担当の営業マンや設計士に普段の生活スタイルや今後の希望をできるだけ伝えましょう。これまでの施工事例から、素人ではなかなか気づかないプロ目線のアドバイスがもらえます。

・洗面所やトイレ

洗面所やトイレはコンセントが少なくても大丈夫!と思うかもしれませんが、ドライヤーやヘアアイロン、電動髭剃り機の充電など、案外コンセントを使用するものが多いため、余裕を持って設置しておいた方が無難です。
またトイレの場合も、掃除をする際に掃除機の電源として使用したり、季節によって除湿器や扇風機、小さめの暖房器具などを使用するのであればコンセントが欠かせません。トイレの広さにゆとりがある場合などは、この点もぜひご検討ください。

・PCやオーディオ周辺

日頃からよくPCを使う方は、周辺機器が充実しても問題なく使えるよう、通常よりも多めにコンセントを設置しておくことをおすすめします。
また、映画が好きな方はテレビの周りにスピーカーを設置できるようあらかじめコンセントを配置するなど、ライフスタイルに合わせて必要な場所と数を把握しておきましょう。
 
ゼロホームでは、お客様のご要望をしっかり聞いたうえでコンセントの数についての最適なプランをご提案させていただきます。
新築住宅を建てたいけれど“コンセントの数や場所はどうすれば良いか分からない…”とお悩みの方は、ゼロホームまでぜひご相談ください。

ページトップへ