ゼロホームは京阪グループの一員です

ゼロホーム住宅お役立ち情報

【建売住宅と注文住宅】特徴やメリットを見比べて、自分に合う一戸建てを手に入れよう!


一戸建てを買う際、建売住宅にするか注文住宅にするか迷いますよね。家は一生のうちで最も大きな買い物なので妥協するわけにはいきません。そこで建売住宅と注文住宅の特徴やそれぞれのメリット、二つを見比べた時の違いについて調べてみました。

1.建売住宅と注文住宅の特徴

■建売住宅の特徴

建売住宅とは土地と建物がセットで購入できる新築一戸建てを言います。
建売住宅には既に建物が完成している状態で販売されているものと、これから建物が建築されるものがあります。

特に大規模な建売の分譲地の場合、一つの土地開発区域に仕様の似た家が複数建築され、商業施設や病院、学校などが生活圏内にあります。そのため、街並みや公共交通機関が計画的に整備され、利便性に富んでいるものが多いです。

■注文住宅の特徴

注文住宅とは土地探しから家の設計、建築を一から行う住宅のことで、建築基準法などの法規制をクリアしていれば外壁や間取り、内装、設備が自由にスタイリングできます。注文住宅は家ができあがるまでの過程がとても細かいため「自分が建てた」という実感と愛着がより深くなります。

すでに土地を持っている場合、早い段階で建築に着手できますが、土地探しから始めるという人の場合、建築条件付き土地を購入する方法もあります。
建築条件付き土地とは、住宅を建築する施工会社が決まっている土地のことを言います。土地の売買契約の後一定期間内(3カ月以内など)に、決められた施工会社と建設工事請負契約を結ぶ必要があります。施工会社が決まっている分制限はありますが、その制限内であれば自由に設計できます。

2.それぞれのメリット

■建売住宅のメリット

すでに完成している一戸建ての場合、購入計画が立てやすく、気に入った家が見つかりしだい入居するまでの期間が短いところがメリットです。小さな子どもがいるご家庭や年度の切り替えに合わせて住みかえを急いでいるご家庭、一戸建てに住みたいけど始めから家を建てるのは大変だという人には建売住宅がおすすめです。

■注文住宅のメリット

「時間がかかってもこだわりのある夢の一戸建てを建てたい」という人にとっては、注文住宅は自分の理想が叶えられる家づくりだと言えます。お好みのハウスメーカーや工務店などを選び、気に入ったテイストの会社で家づくりを進めたり、デザイン性に富んだ設計事務所へプランを依頼し、建材や設備、工法までとことんこだわり抜いた家を建てることも可能です。

3.建売住宅と注文住宅を比較

■入居までにかかる期間

・建売住宅
建物がすでに完成している場合、住宅ローンの申請や不動産業者との売買契約が完了すると引き渡しという手順になるため最短1ヶ月ほどで入居できます。これから着工される場合でも4ヶ月ほどあれば入居できます。

・注文住宅
土地探しと並行して施工会社を探します。土地購入までおよそ6~12ヶ月は見ておきましょう。人気エリアの場合はすぐに買い手がついてしまい、思うように購入ができないことも多く時間がかかる可能性があります。

土地購入後、ハウスメーカーや設計事務所などと設計プランを組み立て、建設工事請負契約を交わします。ここまでで約3ヶ月。さらに細かな打ち合わせを何度も繰り返しようやく着工します。工期は使用する資材や工法によって変わりますがおよそ4~8ヶ月ほどかかります。土地購入から入居まで長ければ1~2年程かかるケースもあります。

■建築にかかるコスト

・建売住宅
建売住宅は土地と建物の値段がはっきりしています。土地開発のために建てられた建売住宅の場合、資材をまとめて購入して同様の家を建てるため資材コストが抑えられ、工法も計画的に進められるので割安になる傾向があります。

・注文住宅
注文住宅の予算は自分で自由に決められます。お金をかける部分とかけない部分も自由に選択できますので、予算内に収まるように設計士や担当営業と相談して決めましょう。

■資金計画

・建売住宅
建売住宅は土地と建物の購入資金を住宅ローンでまとめて借りることができるので、準備する書類の手間が1度で済みます。

・注文住宅
土地をすでに持っているかどうかにもよりますが、一般的に注文住宅のローンは2回にわたって組みます。1回目は土地購入時に必要な資金です。2回目は建築時に必要な資金です。

建築時には支払いが複数回に分かれますので、手元の資金が間に合わない場合の方法として短期のつなぎ融資を利用します。前もって施工会社と支払い回数や資金の調達方法を相談しておくと突然の事態に慌てずに済みます。

■契約内容

・建売住宅
建売住宅は「土地+建物」で売買契約を結びます。

・注文住宅
新たな土地を購入する場合、売主と土地購入の売買契約を結びます。さらにハウスメーカーや施工会社と住宅を建てるための建設工事請負契約を新たに結びます。
建築条件付き土地の場合も同様で、土地と建築工事請負契約は別で結ぶことになります。

■間取りの自由度

・建売住宅
建売住宅は建物がすでに完成されている、または建築プランが決まっているので間取りの変更はできません。しかしながら、ある程度そこに暮らす家族像を想定して建てられているため、最新設備の導入や家事、子育てがしやすい工夫などがとられています。

・注文住宅
ハウスメーカーなどの注文住宅の実例を参考にしたり、設計士からのアドバイスを受け、他にはない斬新な間取りを取り入れられるのが注文住宅の良いところです。

■家のイメージ

・建売住宅
日当たりや風通しなど、入居後の生活がイメージしやすいのが建売住宅の良いところです。これから着工される建売住宅に関しても、工事中の現場に立ち寄り、建築の過程を自分の目で確認できるので安心感や納得感が得られます。

・注文住宅
注文住宅は他に2つと存在しないため、事前の綿密な打ち合わせがキーになります。資材サンプルを渡してもらっても、図面からは実際のイメージが掴みにくく「思っていた雰囲気と少し違う」ということが起こりうるため、設計士に依頼する際はこちらの意図が理解してもらえているかという点に注意しながら打合せを進めましょう。




建売住宅でも注文住宅でも一戸建てを購入することは人生でとても大きな仕事です。どちらにもそれぞれメリットがあり、住む人によって感じる暮らしやすさは様々です。入居までの期間や間取りの自由度など、自分がどの部分を優先したいのかをじっくり比較検討し、ふさわしい家を手に入れてください。

ページトップへ