高品質 低価格 厚管理
ゼロホームの100年住宅 全貌、大公開!

家の購入や建て替えは、一生のうちで最も高価な買い物の一つ。 大切な住まいに少しでも長く住み続けるためには、まずは品質を確保しながら正しく施工し、その後、定期的なアフターメンテナンスを継続して行うことが大切です。 木造住宅を正しく施工し、品質が確保され、定期的な管理がきちんとなされていたら、建物の軸組みは100年から200年もちます。

構造を使い続けるための工夫
-SI(スケルトンインフィル)-

高品質 低価格 厚管理 ゼロの100年住宅全貌、大公開!

構造躯体(スケルトン)が100年以上継続して使用されると想定した場合、設備や外装材・内装材といった構造躯体以外の部材(インフィル)は30年から50年で交換が必要となります。ゼロの100年住宅は、建物の構造躯体が継続使用され、その間に設備・仕上げ材等が容易に新陳代謝できるよう、スケルトンとインフィルを明確に区分し、構造躯体を傷めることなく、設備・仕上げ材が容易に交換できる工夫を組み込んでいます。ゼロの100年住宅は、このSI(スケルトンインフィル)の発想に基づき、施工されています。

軸組を100年持たせる工夫

高品質 低価格 厚管理 ゼロの100年住宅全貌、大公開!

下記のような工法を採用することにより、3世代(75年~90年)の居住に耐えうるとされる劣化軽減等級3(最高等級)をクリアしています。

外壁通気工法

木造住宅の外壁内部は、室内からの湿気が入り込んだり、外壁から雨水が浸入すると、壁内の木材が腐って建物の耐久性を低下させたり、室内側の石膏ボードの裏面からカビが発生し、室内環境そのものを不衛生な状態にしてしまう可能性があります。そこで、ゼロの100年住宅は、透湿防水シートで建物の壁全体を覆い、外壁材との間に外気が流れる層をつくることによって、壁内の水分を透湿防水シートから通気層を通して外部に放出させる「外壁通気工法」を採用し、建物の耐久性を高めています。
※ただし、隣家との間が狭くメンテナンスが難しい側面は別工法となります。

点検・補修がしやすい工夫

高品質 低価格 厚管理 ゼロの100年住宅全貌、大公開!

構造躯体に影響を及ぼさずに配管の点検・補修ができることが100年住宅の条件。100年住み続けるには、建てた後の維持管理がしやすい設計になっていることも重要なのです。

  • ■コンクリート等に埋め込まない 露出配管
  • ■点検口や清掃口を設ける
  • ■床下に幅80cm(原則)の人通口を設ける
    ※通常は60cmです

厚い布団に包まれた住宅

高品質 低価格 厚管理 ゼロの100年住宅全貌、大公開!

屋根直下の天井、外気などに接する天井・壁・床、その他の床、開口部、外気に接する土間床の外周部、その他の土間床の外周部を、断熱のための措置を講じた構造(断熱構造)にしています。また、断熱材は、必要な部位に隙間なく施工し、屋根または天井と壁、および壁と床の取合部においては、外気が室内に流入しないよう有効な措置を講じています。

天井・最下階床まで貼り詰められた断熱材

住まいの快適さをできる限り経済的に維持するために、最高等級【等級4】の基準にて、施工しています。四方の壁だけでなく、最上階の天井部分や最下階の床部分にも十分な断熱材を貼り詰め、夏の暑さや冬の寒さが家の中に伝わるのを防いでいます。ゼロの100年住宅は優れた断熱構造を実現し、冷暖房エネルギーの節約に貢献しています。

ページトップへ