ゼロホームは京阪グループの一員です

SDGsゼロホームのSDGsへの取り組み

笑顔と未来のために。

株式会社ゼロ・コーポレーションは、国が長期優良住宅(※)を推奨する以前から「100年住宅」を謳ってきました。品質にこだわりながら工法を工夫し、高い施工技術を用いて定期的なアフターメンテナンス体制を構築することで、永く住み継げる家を実現させたのが『ゼロホームの100年住宅』です。ゼロホームは、100年先、さらにその先の未来へと、確かな安心をつないでいきます。

※長期にわたって良好な状態で住み続けられるための措置が講じられた優良な住宅のこと。「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が2009年6月4日に施行されました。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

持続可能な開発目標SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

ゼロホームのSDGsへの取り組み

森林資源の循環利用を推進、「苗木を還そうプロジェクト」も開始

ゼロ・コーポレーションは、2012年より注文・建売住宅に関わらず全棟において、通し柱・管柱・小屋束・腰壁柱に国産材(宮崎県産材)を使用することで、日本の山や森林を守り育てるとともに、CO2削減に取り組んでおります。
山や森林を守るためには、植林し、山を育て、伐採するサイクルを継続して行うことが大切ですが、輸入材との競合等による国産木材需要の減少や価格の低下、それにともなう山や森林の所有者の高齢化や意欲減退、林業の担い手不足等の課題を抱え、循環サイクルがうまく機能していないのが現実です。また、近年は自然災害の頻発やパンデミックなど想定外の事象の発生により、事業継続に不可欠な原材料の供給が遅れる、不足するといった事態にもつながり、サプライチェーン構築も急務となっています。
当社は、これらを現状を背景に、公益的機能発揮に向けた多様な森林づくりや林業の担い手の確保育成を図り、森林資源の循環利用を推進するとともに、より堅固なサプライチェーンの構築を目指して、宮崎県・同森林組合連合会・同木材協同組合連合会と、上記を目的とした包括的な連携協定を2020年12月18日に締結いたしました。
また、翌2021年より、当社が1年間にお引渡しした棟数に使用した柱の本数分に必要な苗木を山に還す「苗木を還そうプロジェクト」も開始いたしました。このプロジェクトを通して、再造林の支援およびCO2吸収にも取り組むとともに、宮崎県の林業・木材産業に精通した未来のリーダーを育てる「みやざき林業大学校」(宮崎県美郷町)のサポートチームにも参加し、再造林を支える新たな林業従事者の育成にも寄与し、健全な山や森林の循環サイクルに貢献いたします。【参考】CO2排出量削減への貢献※数字は寄付初年度分に関するもの
CO2吸収量 樹齢2年目・28ヘクタール分 ⇒約338トン
CO2固定量 2020年度 ・361棟分 ⇒約4,148トン

「苗木を還そうプロジェクト」詳細はこちら

「宮崎県との連携協定」詳細はこちら

ゼロホームの100年住宅

ゼロホームの100年住宅は、高いレベルで品質を維持するために、30~50年に一度取り替える必要のある壁や屋根、サッシ、配管の取り替えが容易にできる構造にて施工。また、アフターサービスを定期的に行うことにより、お客様が安心できる住宅管理システムを構築しております。

ZEH住宅への取り組み

ゼロホームは未来に目を向け、豊かで快適な、そしていつまでも安心して暮らすことのできる住宅を目指しています。 ゼロホームの100年住宅はZEHとも相性が良く、非常に優れた性能やメリットがあります。

ゼロホームの注文住宅は抗ウイルス抗菌仕様

ウイルスや菌はいつどんなタイミングで侵入するか解らないので、事前の対策が必要です。ゼロホームの注文住宅は、特許技術を活用した光触媒コーティング「レコナ エアリフレッシュ」を全棟に施工。24時間、天井・壁の抗ウイルス抗菌効果が持続します。菌・ウイルスから家族を守り、健康で快適な住まいをご提供します。

ページトップへ