ゼロホームは京阪グループの一員です

消費税が10%でもゼロホームにおまかせ!住宅支援策で賢く家づくり

長期優良住宅や低炭素住宅の場合の最大控除額がアップしたり、
一定の省エネ性・耐震性・バリアフリー性能を満たす住宅等にポイントがついたりと、
いろんなメリットを最大限に考えた家づくりをご提案いたします。

購入する時期によって消費税率がかわります

マンションや分譲住宅は、2019年10月以降の引渡し分から消費税10%が適用されます。
それぞれの住宅種別の購入のタイミングを徹底解説!

建物価格2,000万円の注文住宅の場合 消費税が10%になることで、40万円の負担増!

引き渡しが遅れても請負契約が早ければOK

注文住宅の場合は、請負契約から引き渡しまで時間がかかります。請負契約が増税実施日の6か月と1日前に完了した注文受託については、引き渡しが増税後でも、増税前の税率が適用されます。

物件価格3,800万円の分譲住宅・マンションの場合 消費税が10%になることで、76万円の負担増!

売買契約時期は関係なく引き渡し時点の税率

分譲住宅、マンションは売買契約なので、引き渡し時点の税率が適用されます。ただし、特注等ができる契約であれば、その「工事の請負に係る契約」に類する場合は、物件価格を含めた契約全体が経過措置対象となります。

物件価格1,500万円の中古住宅・マンションの場合※売主が不動産業者の場合 消費税が10%になることで、30万円の負担増!

契約の形態によって違う増税時期

個人間での売買では消費税がかかりませんが、不動産業者が仲介する場合は仲介手数料に、不動産業業者が売主の場合は物件価格に消費税がかかります。
それぞれの契約によって増税時期が異なります。
また、リフォームする場合は注文住宅と同じ「請負契約」が発生しますので、請負契約時期や引き渡し時期によって増税率が変わります。

無駄を抑えて賢く購入!消費税10%対策ブログ


ページトップへ