ゼロホームは京阪グループの一員になりました

建築の専門用語は、一般的によく耳にするものから大工さんの間でしか使われないものまで様々で、一般消費者にはわかりにくいのが実情です。そこで、住宅の建築においてよく使われる言葉をまとめてみました。

用語説明のあとに 建築用語集 マークのある用語には画像があります。アイコンの上にカーソルを重ねると、画像がご覧いただけます。五十音別に並べていますので、下記よりお探しの言葉の行をお選び下さい。

飼物(かいもの)
二つの材の間に挟む小材のこと。
額縁(がくぶち)
窓や室内ドアや出入口などの建具のまわりに額縁のように取り付けられる化粧枠のこと。
掛矢(かけや)
大きな木槌。建前の時、梁やホゾなどを叩き込む時に使うもの。
笠木(かさぎ)
画像
雨水の浸入を防ぐために、バルコニー手すり上端部等に取り付ける部材。
カズラ石(かずらいし)
壁下に据えられる加工した御影石の細長い切石。栗石地業をしたうえに据え、その上に地覆(じふく)を置く。
(かね)
直角のことをいう。
矩折(かねおり)
直角に曲げること。矩の手(かねのて)とも言う。
矩勾配(かねこうばい)
45度勾配のこと。頂上部で直角となる屋根の勾配。
矩尺(かねじゃく)
L字型の金物定規。指矩(さしがね)とも言う。
矩計(かねばかり)
高さを表す垂直断面詳細図のこと。
かぶり厚(かぶりあつ)
画像
コンクリートの表面から内部の鉄筋までの厚さ。
鴨居(かもい)
画像
引き戸、障子、ふすまなどをはめる部分の、上部に渡した溝のついた横木。下部は敷居。
(から)
水を使用することが本来の目的とする仕事で、水を省いた手段をいう。モルタルの空練り、石材の空研ぎ、石垣の空積み、地業の空突き、表具の空刷毛などがある。

木裏(きうら)
木板で樹芯に近い方の面のこと。
木表(きおもて)
木板で樹皮側の面のこと。
刻み(きざみ)
墨付けどおりに木を加工すること。
京間(きょうま)
芯々が一間が六尺五寸。なお、関東間は六尺、名古屋間は六尺3寸。
金角(きんかく)
丸みのない柱のこと。

管柱(くだばしら)
画像
各階ごとに立てられている柱のこと。それに対し、各階を貫通して立てられている柱のことを、通柱と言う。
沓摺(くつずり)
画像
出入口となるドアの下部の枠のこと。
グランドライン
建物の基準となる地盤の高さのこと。
栗石(ぐりいし)
画像
岩石を割って作った石。基礎の下に敷き、地面を締め固める。

蹴上げ(けあげ)
画像
階段の一段の高さのこと。
蹴込み(けこみ)
画像
階段において、踏み面と踏み面の間の垂直になっている板の部分のこと。
化粧(けしょう)
表に現れ、見える部材のことを言う。
(けた)
側柱上にあって屋根の垂木を受ける横架材のこと。
桁行(けたゆき)
小屋梁に直角な方向、棟と同じ方向の桁の長さ。
下屋(げや)
母屋から差し出して造られた小屋根、またその下の部分。また、最上階の下階の屋根という意味で使うこともある。
けらば
画像
切妻屋根の側面側の端部。または、屋根の建物本体から出ている部分のこと。
蹴られる(けられる)
邪魔されること。あるいは陰になることをいう。「蹴られて見えない」という。
(けん)
長さの単位。1間=1.818メートル、六尺
間水(けんずい)
昼食と夕食の間の飲食。おやつ。
けんど
つっかい棒(しんばり棒)のこと。揚げ前やイガミ突きのときに柱や梁を仮受けする丸太や角材。
倹鈍(けんどん)
文庫箱や縦型岡持ちの蓋のよう、建て込みは上にあげて下の敷居溝にはめ込む方式のこと。
玄能(げんのう)
金づちのこと。

鋼製束(こうせいづか)
画像
基礎と床組みを一体化させるための接合金物の一種。
構造用合板(こうぞうようごうばん)
建物の構造部分に用いられる合板。なお、合板とは薄くスライスした単板を数枚、接着剤で貼り合わせたもの。
勾配(こうばい)
傾斜のこと。
コーキング 画像
サッシ廻りやサイディングの接合部などに防水のため、充填材を詰めること。この充填材のことを指すこともある。
小壁(こかべ)
幅の狭い壁のこと。
木口(こぐち)
木材などの端、切り口。
零れ(こぼれ)
少々溢れること、少し出っ張ったり付いたりすること他の部材の面あるいは縁から溢れて見えること。
木舞(こまい)
竹や木を縦横に組んだもの、土壁や屋根の下地。
小間返し(こまがいし)
幅と幅の同じこと。
小屋束(こやづか)
画像
母屋から上の重さを梁に伝える部材。
転び(ころび)
柱などの傾きの状態のこと。
殺す(ころす)
不要になった物をそのまま埋めてしまうこと、あるいは、単にそのままにして物の用にたてないこと。閉鎖してしまう時にも「殺す」という。
ごろんぼ
小屋組みを支える、自然のままのムクリが出た丸太による梁。
ページトップへ