ゼロホームは京阪グループの一員になりました

神戸異人館再生

神戸異人館再生

神戸北野 異人館再生

「異人館」と呼ばれる洋風建築が建ち並び、ノスタルジックな街並みが美しい、神戸・北野。

しかし、文化的価値のある異人館も、戦災や老朽化、震災などでその数は減り、今では現存するものも60棟ほどとなっています。
そんな中、ゼロが手がけたのは老朽化によって今にも壊れそうになっていた旧ボリビア領事館でした。
補強をしながらも再利用できる物は残して解体するなど、ゼロの経験と知識をフルに活用。 建築当初の趣を残しつつ光を取り戻した異人館は、この地でまた新たな時を刻んでいます。

この異人館は、伝統的建造物群保存地区にあたる神戸市北野町山本通に建ち、伝建特定物件に指定されており、今回の再生にあたっては、国から2/3、神戸市から3/1の補助を受けています。また、「ひょうごの近代住宅100選(神戸・阪神間の洋風住宅)」に選定されています。

異人館外観

■着工前の様子

神戸異人館再生

明治30年代建築の洋風建物。伝統的建造物として神戸市から認定されていましたが、構造などは今にも崩れそうな状態でした。煙突があったようですが、震災時に倒壊したようで、他にも補修跡がありました。

■改築完成後

神戸異人館再生

玄関を、左手金庫室の位置に変えました。写真では見えませんが、建物の北西側に浴室などを増築しました。右手奥にガレージがあります。

建物概要

  • 所在:神戸市中央区北野町4丁目
  • 土地面積:241.64m2(私道含む)
  • 建物面積:173.00m2(増築部分含む)
ページトップへ