ゼロホームは京阪グループの一員になりました

ゼロホームの100年住宅は標準で耐震力1.5倍 震度7クラスの1.5倍の地震力にも倒壊しない性能です。

国土交通省が定める「住宅性能表示制度」において、「震度7クラス」の地震は「数百年に一度程度、極めて稀に発生する」と想定されています。しかしながら、震度7を記録した地震は、この21年間で5回も発生しました(阪神・淡路大震災、新潟中越地震、東日本大震災、熊本地震×2回)。もはや、「震度7」は、「極めて稀に発生する」「数百年に一度」の地震ではありません。そして、この地震大国・日本において、それはいつ何時、どこで起きても不思議ではないのです。

「住宅性能表示制度」におけるゼロホームの100年住宅の耐震等級は、標準で耐震等級3(最高等級)。
震度7クラスの1.5倍の地震力に対して倒壊・崩壊しない性能を持っています。ゼロホームでは、すでに2008年より、「耐震等級3」の標準対応に取り組み、さらにそれ以前より、全戸地盤調査、全戸構造計算も実施してきました。
※敷地条件により等級2(耐震力1.25倍)となる場合があります。

災害に強く、命を守り、世代を超えて住み継いでいける長寿命の住まいづくりを。
「100年住宅(長期優良住宅)」を掲げるゼロホームの、大切なコンセプトです。

ゼロホームの耐震力の秘密はこちら

ページトップへ