ゼロホームは京阪グループの一員です

ゼロホーム住宅お役立ち情報

マンションか新築一戸建てか、あなたに向いているのはどっち?


マイホームを購入するとき、多くの方がまず考えるのは、「マンションにするか、新築一戸建てにするか」という点ではないでしょうか。マンションと新築一戸建てにはさまざまな違いがあり、どちらが住みやすいと感じるかは人それぞれ。自分の生活スタイルや将来のビジョンを見据えて、慎重に選ぶことが大切です。ここでは、マンションと新築一戸建てそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

■マンションのメリット・デメリット

◯マンションのメリット

マンションに暮らす最大のメリット、それは「住環境における利便性」ではないでしょうか。
例えば、マンションの場合、土地や建物の管理は管理会社に任せられるので、メンテナンスの手間が省けます。また、駅やバス停から近い立地の物件が多いため、通勤や通学、外出の際に不自由しません。オートロックや多重ロックなどの防犯システムがしっかりしていることや、構造的に地震や火事に強いというのも、マンションならではのメリットといえるでしょう。この他、高層マンションの上階であれば眺望がすばらしかったり、コンシェルジュ付きのマンションなど独自のサービスが受けられる物件もあります。
さらに、マンションの場合は居住スペースがワンフロアで生活動線がフラットなため、移動や家事の負担が少ないという特徴があります。老後もそこに住み続けることを前提に買うのであれば、この点は大きなメリットになるでしょう。

◯マンションのデメリット

マンションに暮らすデメリットのひとつは、複数の人が土地と建物を所有して暮らすその特性上、生活の自由度が低くなりやすいという点です。生活音や話し声が他の住人の迷惑にならないよう、気を遣う必要があります。一軒家であれば、ベランダでバーベキューをしたり室内で楽器を練習したりすることも可能ですが、マンションであればそういったことはなかなか難しい場合もあります。ペットが飼えなかったり、飼えるペットに制限があったりする物件も多数あります。
マンションの場合、隣家との距離が近いために何か問題が起きたとき深刻な隣人トラブルにつながるケースも考えられます。

この他、金銭的な面でのデメリットもあります。マンションの場合には、購入費用とは別に管理費や修繕積立金、駐車場代などの負担が生じることがあります。また、資産価値の観点から考えると、マンションは一戸建てよりも不利になるケースがほとんどです。一戸建ての場合、築年数が経って建物自体の価値は下がっても土地部分は劣化するわけではないため、土地としての価値が残ります。しかし、マンションの場合、土地は自己資産に含まれないので築年数とともに資産価値が下がってしまうのが一般的です。

■新築一戸建てのメリット・デメリット

◯新築一戸建てのメリット

新築一戸建てを購入する最大のメリットは、なんといっても暮らしの自由度が高いという点にあります。ひとつのプライベート空間として独立性が高いため、プライバシーに気を遣わず、のびのびとした生活を実現できます。また、土地も建物も自分のものであるため建て替えやリフォームも自由に可能です。庭に草木を植えたり畑をつくったり、ペットを飼ったりするのももちろんOKです。子どもが大声で走り回っても、マンションのように下の階の住民を気にする必要はありません。
資産価値の面でも、新築一戸建てはメリットが大きいといえます。築年数が長くても、土地の価値への影響は少ないので、資産としての価値がある程度担保できます。

◯新築一戸建てのデメリット

新築一戸建てのデメリットとしてあげられるのは、マンションと同様に金銭的な部分についてです。住み続けていく上でメンテナンスやリフォームが必要になった場合、その内容によっては多額の費用がかかります。
その他、暮らしの自由度が高いというメリットの裏返しとして、多くのことを自分で行わなければならない点は人によってはデメリットになるかもしれません。例えば、マンションであれば共用庭の草むしりや建物まわりの清掃、雪かきなどといったことは管理会社が対応しますが、一戸建ての場合は自分ですべて行わなければなりません。もっとも、これをデメリットと捉えるか「暮らしのひとつ」と考えるかは人それぞれであり、一概にデメリットであるとはいえません。

マンション・一戸建てにはそれぞれメリットとデメリットがあります。住んでから「やっぱり一戸建ての方がよかった」「マンションにしておけばよかった」とならないよう、購入前にしっかりと下調べをすることが大切です。

ページトップへ