ゼロホームは京阪グループの一員です

ゼロホーム住宅お役立ち情報

ワンフロアで家族の気配を感じて暮らす幸せ。平屋住宅の魅力とは?注意点は?

  • カテゴリ注文住宅 |

  • 2017.7.29


これから注文住宅の購入をお考えであれば、平屋住宅という選択肢はいかがでしょうか。平屋住宅とは、1階建ての住宅のこと。近年では狭い土地でも住居スペースを広くとれるよう空間を有効活用した複層階建ての住宅が増えていますが、平屋住宅には平屋住宅ならではの味わいがあります。
今回は、注文住宅を検討中の方に知っていただきたい平屋住宅の魅力をご紹介します。併せて注意点についても触れるので、注文住宅選びの際にはぜひご参考ください。

■注文住宅で平屋住宅を建てる5つのメリット


まずは、平屋住宅のメリットをみていきましょう。

・間取り、空間づくりの自由度が高い

上層階がない平屋住宅には、上層階を支えるための柱や内壁が必要ありません。そのため、間取り設計や空間づくりの自由度が高いというメリットがあります。例えば、天井を高くしたり、天窓をつくって自然光を取り入れたりすることも可能です。

・開放感のある住まいづくりができる

平屋住宅は、複層階の住宅と比べて外につながるドアや窓を設けやすい構造をしています。そのため、室内と外との隔たりが少なく感じられるというメリットがあります。また、家の中に外の空気を取り入れやすいというのも平屋ならではの魅力です。

・構造的に自然災害に強い

平屋住宅は、地震や台風といった自然災害に強いというメリットがあります。甚大な被害を出した東北大震災や熊本大震災の教訓から、大規模災害を想定して住宅強度を検討するのはもはや必須のこと。そこで、選択肢としておすすめなのが平屋住宅なのです。平屋住宅は、複層階住宅に比べて建物の高さが低く、軽量。なおかつ構造がシンプルです。そのため、地震が来ても揺れにくく、台風時には風圧の影響も受けにくくなります。また、避難がしやすいというのも大きなメリットです。

・家族が近くに感じられる

平屋住宅の場合、階段によって家が上下に分断されることがありません。キッチンもリビングも寝室も子ども部屋もすべてワンフロアにあるため、自然と家族が顔を合わせる機会が増えます。

・移動の負担が少ない

平屋の場合、すべての部屋が同じフロアにあるため、生活動線が最小限で済みます。「一生暮らす家」として高齢になったときのことも想定するのであれば、階段での移動が必要になる2階建て・3階建ての住宅よりもはるかに利便性が高いといえるでしょう。もちろん、現在高齢者がいらっしゃるご家庭でも安心です。

このように、平屋住宅には、複層階住宅にはないメリットや魅力があります。しかしその反面、デメリットや注意点もあります。

■注文住宅で平屋を建てるなら。覚えておきたい注意点

平屋住宅を建てるには、ある程度の広い面積の土地が必要です。そのため、トータルコストが複層階住宅より多くかかることもあります。
また、周囲の建物との高低差で日当たりが悪くなる可能性があります。中には、居住した後に周囲に高い建物が建ち、とたんに日当たりが悪くなってしまったというケースもみられます。特に都市部で平屋住宅を建てる場合には注意が必要です。
この他、平屋住宅は家の中が丸見えになりがちであるため、周囲の住宅や道路からの視線対策を行うほうが望ましいといえます。設計段階でハウスメーカーや建設業者と、窓やベランダの位置や高さについて相談してみることをおすすめします。また、防犯対策は念入りに行いましょう。玄関にセキュリティシステムを導入する、窓に防犯ブザーを設置するなどの検討を。

今回は、注文住宅で建てる平屋の魅力と注意点についてご紹介しました。
家族構成やライフスタイル、将来設計に合わせた住まいづくりができるのが注文住宅の一番のメリット。理想の住まいづくりの選択肢として、平屋住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

ページトップへ