ゼロホームは京阪グループの一員です

ゼロホーム住宅お役立ち情報

【建売住宅と注文住宅】の違いとは。それぞれのメリット、デメリット

「マイホームを持とう」という人の多くがまず悩むのは、「建売住宅にするべきか、注文住宅にするべきか」という点です。マイホーム計画の第一歩は、建売住宅か注文住宅かを決めること。今回は、それぞれの特徴やメリット・デメリットについて解説していきます。

 

建売住宅とは?メリット・デメリットは?

建売住宅とは、住宅販売会社から土地と建物を一括購入する形式を指します。

 

・メリット

建売住宅の最大のメリットは、すでに建設されている建物を見ることができるという点です。マイホームの失敗としてよくあるのが、設計段階では完璧なプランだったはずが、実際に建物ができたら「思っていた感じと違った」「もっとここがこうだったら……」というケース。建売住宅であれば、このような失敗を防ぐことができます。また、建売住宅は、土地代+建物代という形で価格が明朗なため、費用面でのトラブルが起きにくく、住宅ローンの相談もスムーズに進めやすいというメリットもあります。

なお、建売住宅には、建設はまだで設計プランだけができているケースもあります。こういった場合には、設計プランをしっかりとチェックし、不明な点や心配な点はハウスメーカーに相談しましょう。

・デメリット

建売住宅にはデメリットもあります。一番のデメリットは、すでに設計プランが決っているゆえに、完璧に自分好みの家にするのは難しいという点です。建売住宅の性質上、間取りやデザインは多くの人が使いやすいように考えられているので、すべての人が「ぴったりとはいえないけれど、許容範囲かな」と感じられる汎用的なものになる傾向があります。そのため、マイホームに強いこだわりがあるという方は、建売住宅よりも一からプランを考えられる注文住宅をおすすめします。この他、すべての建売住宅に当てはまるわけではありませんが、物件によっては施工段階での品質チェックが甘いというケースも考えられます。また、例えば「階段に手すりをつけたい」「ベランダに屋根をつけたい」といった設備の追加カスタマイズをすると、別途費用がかかって本来の販売価格よりかなり高額になることがあります。

 

注文住宅とは?メリット・デメリットは?

注文住宅とは、ハウスメーカーなどに設計を依頼し、施工会社に家を建ててもらう形式を指します。注文住宅を建てたい場合には、設計依頼前に、自分で土地を用意しておく必要があります。

 

・メリット

注文住宅のメリットは、自分の思い描くマイホーム像を反映させやすいという点です。もちろん設計上の都合で実現できない要望はありますが、ライフスタイルや家族構成に合わせた間取り・デザインの好みなど、自由が効くのは注文住宅だからこそ。また、家の建築段階でハウスメーカーや工務店のチェックが入るので、品質面でも信頼がおけます。この他、予算を調整できるのも注文住宅のメリット。こだわりがある部分には多く予算をかけ、特にこだわりがない設備はグレードを下げて価格を抑えることが可能です。

・デメリット

注文住宅にもデメリットはあります。まず、価格面について。注文住宅は、建売住宅に比べて価格が高くなることがほとんど。計画段階で要望をあげているうちに、気がついたら予算を大きくオーバーしていたということもあります。また、注文住宅の場合、建売住宅に比べて入居までに時間がかかります。ハウスメーカーや工務店との契約や住宅ローン契約の工程が煩雑になることも。すぐに入居したい、契約手続きを短縮・簡略化したいという方には、建売住宅のほうが向いているかもしれません。また、すでに建てられている実物の家を見て契約できる建売住宅とは異なり、注文住宅は完成まで実物を見ることができません。そのため、「完成したらイメージと違った」「実際に住んでみたら、間取りやデザインに不便が多かった」という事態に陥るケースも考えられます。ただし、このようなトラブルはハウスメーカーや工務店との事前打ち合わせによって回避することが可能です。注文住宅を建てる場合は、きちんと相談ができるハウスメーカーや工務店を選びましょう。

 

今回は、建売住宅と注文住宅の違い、それぞれの特徴やメリット・デメリットをご紹介しました。これからマイホームを考えている方は、ぜひご参考ください。

ページトップへ