ゼロホームは京阪グループの一員です

ゼロホーム住宅お役立ち情報

話題のIoT住宅!【IoTの説明からメリット・デメリットもご紹介】

皆さんは「IoT住宅」という言葉を耳にしたことがありますか?
Iotとは”Internet of Things”の頭文字を省略したもので、直訳すると「モノのインターネット」になります。しかし、モノのインターネットといわれてピンとくる方はほとんどいないのではないでしょうか。
今回は最先端のIoTを取り入れた住宅についてご紹介いたします。
次世代の暮らしに備えてぜひご一読ください!

■IoTってどんなもの?

まずはIoTがどのようなものなのかを簡単にご紹介いたします。

・IoT「モノのインターネット」とは

今まではインターネットと言えば、パソコン同士を接続したり、携帯電話やゲーム機などを接続するものでした。しかし、IoTではテレビや冷蔵庫といった、今まではインターネットと関係のなかった家電もインターネットを通してデータを共有・連携させることが可能になりました。つまり、今までインターネットと関わりがなかったモノをインターネットと繋げる仕組みのことをIoTと呼びます。

・IoTの仕組みについて

IoTではデータを取得・蓄積することで、集めたデータを解析し、共有することで新たなサービスを生み出します。
たとえばインターネットが繋がっていることで、自宅から離れた場所にいても自宅の家電類を操作できます。自宅の玄関がIoT対応の場合は、出掛けたときにカギを締め忘れてもスマートフォンの操作でカギをかけることが可能です。

・IoT住宅とスマートハウスの違い

IoT住宅はスマートハウスとよく混同されますが、IoT住宅は「インターネットでモノを操作することで生活をより快適にする住宅」、スマートハウスは「エネルギーをインターネットで可視化させることにより、省エネ対策に繋げる住宅」を指します。
しかし、最近ではIoT住宅とスマートハウス両方の特性をもつ住宅も増えてきており、次第にその区分が曖昧になってきています。

■IoT住宅のメリットとデメリット

住宅をIoT化することで得られるメリットとデメリットをご紹介いたしますので、IoT住宅を建てたい方はぜひ参考にしてくださいね。

・メリット

IoT住宅の大きなメリットは2つあります。

<無駄なエネルギーを削減し省エネに役立つ>
接続したモノの状態をモニタリングし、エネルギーを見える化することができます。エネルギーを見える化することにより無駄なエネルギー消費を減らすことができ、省エネに役立ちます。

<遠隔操作で時短>
IoT住宅では、家電を遠隔操作することができます。例えば、帰宅前に空調を起動させて、自宅到着に合わせて室温を快適に保つことが可能です。浴槽にお湯を張ることなども遠隔操作で行えるので、家事の負担が軽減されることもあります。
また、リモコンが見つからなくても、スマートフォンがあれば操作が可能なため、リモコンを探す手間や使い分けが必要なくなります。

・デメリット

IoT住宅はまだ新しい技術なので、不安な面があるということも覚えておいてください。

<防犯面が不安>
IoT住宅はセキュリティが甘いとサイバー攻撃にあう危険性があり、インターネット上で情報を集め管理しているため、攻撃されると生活の様子などが漏洩しやすく、プライバシーを侵害される可能性があります。IoTの普及が広がる中、セキュリティに対する警告と情報発信を目的に、経済産業省と総務省が「IoTセキュリティガイドライン」を出しており、今後、セキュリティ面がどのように進化するのかもぜひ注目したいですね!
IoT製品に最新バージョンが公開された場合はこまめにアップデートするなど、自分で取り入れられる防犯対策を行うことも大切ですので、IoT住宅を建てる際は建築業者とよく相談しましょう。

■IoT住宅に必要な3つの条件

これからIoT住宅を建てたい方に向けて、IoT化をするにあたって必要な3つの条件をご紹介します。

・どんな住宅がIoTに向いている?

<床の段差が少ない>
普及が進みつつあるお掃除ロボを遠隔操作するなら、段差を極力減らしておく必要があります。
市販のお掃除ロボは自力で段差を昇り降りすることができないので、お掃除ロボで掃除の効率を上げたいと考えている方はできるだけフラットな床にしておきましょう。

<コンセントが多い>
IoT化をするには多くの家電製品が常にコンセントに繋がっている必要があります。延長コードや、コンセント口を増やす電源タップを使う方法もありますが、タコ足配線や電源タップの容量を超えてしまう危険性があるので、あらかじめ多めのコンセントを配置しておきましょう。

<間取りがシンプル>
間取りが複雑だと死角が生まれやすくなります。
自宅で留守番をしているお子さんや年配のご家族、ペットをカメラで様子が見られるようにしていても、間取りが複雑だとカメラに映りにくくなってしまいます。
カメラの導入を考えている場合は、小さな部屋がいくつもある住宅より、大きな部屋で構成された住宅の方が向いています。

これからインターネットの普及は益々広がり、住宅も次第にIoT化が進んでいます。持ち家以外に賃貸の物件でも、IoTを取り入れているケースがあり、数年後にはIoT住宅が当たり前になっているかもしれません。
IoT住宅に興味がある方は、ぜひゼロ・コーポレーションまでご相談ください。
 
IoTを取り入れた守口展示場「カジラクの家」詳細はこちら

ページトップへ