ゼロホームは京阪グループの一員です

ゼロホーム住宅お役立ち情報

新築一戸建てを建てる前に。あると便利&安心な設備


新築一戸建てを建てるとき、特に注文住宅なら各種設備を自分で決めることが可能です。とはいえ、コストとの兼ね合いもあるため、数多くある設備のどれを採用すべきなのか迷う方もいるかもしれません。
ここでは、新築一戸建てにおすすめの設備5つについて、特徴やポイントをご説明します。

■防犯上便利なもの


防犯対策として用意しておきたい設備は、センサーライトです。センサーライトは、人の気配などに応じてスイッチをオンオフする機能のついたライトです。家の外の玄関灯や、庭に設置されたライトなど、外に設置するライトにセンサーライトを利用すると、家の鍵穴が見つからなくて苦労することや郵便物が見えずに取り漏らしたりすることがなくなります。さらに、空き巣や泥棒が家に入り込もうとしたときも、反応して電気がつくことで犯行を踏みとどまらせる効果が期待できます。
一方、家の中のセンサーライトには、夜間にトイレなどに立った際の転倒を防止するといった役割があります。いちいちスイッチを入れなくとも、フットライトなどの必要な明かりを得ることができるので、暗闇の中でスイッチを探す、手探りで進むなどの必要がなくなります。

■生活上便利なもの

1.スマートドア

家の鍵を鍵穴に差し込んで回すのは、雨の日や荷物の多い日には大変かもしれません。この点、スマートドアにはいくつかの種類がありますが、いずれも通常のシリンダータイプの鍵に比べて簡単に鍵を開けたり閉めたりできるというメリットがあります。
スマートドアには、リモコンをカバンに入れた状態で扉のハンドルを押すだけで開け閉めができるキーや、カードをハンドルに近づけることで開錠できるキーなど、種類も豊富です。シール形式の鍵もあるため、鍵をなくしてしまいがちな子どもが持っても安心です。
さらに、通常の鍵穴が複数あるタイプのドアに比べて、スマートドアはすっきりしていて見た目もよいという特徴があります。新築一戸建ての外観にもこだわるなら、取り入れたい設備です。

2.室内物干し

梅雨の時期や風が強い日など、家の中に洗濯物を干さざるを得ないこともあります。そこで便利なのが、室内物干しです。後から室内に物干し用のハンガーなどを付ける方法もありますが、最初からオプションとしてつけておくと、スマートな見た目になります。
また、室内だけでなく、浴室に乾燥機をつけるという選択肢もあります。浴室乾燥機は、ただその場に干すだけでなく、換気機能や乾燥機能を利用して効率よく洗濯物を乾かすことができます。さらに、暖房機能もついているため、ヒートショック対策にも効果的です。

3.つま先押し水栓

キッチンなどに利用できる水栓です。
通常、蛇口を回したりレバーを上げ下げしたりして水を流しますが、つま先押しタイプの水栓は、足元のレバーを押すことで水の出し方を調整することができます。泡まみれの手でレバーを操作するとレバーにも泡がついてしまい、掃除が大変です。また、両手が埋まっていて水を出しづらいこともあるかもしれません。そういうときでも簡単に使えるのが、つま先押し水栓のメリットです。
新築一戸建てだからこその最新設備で、毎日の炊事をもっと簡単に、便利にしてみてはいかがでしょうか。

あると便利で安心を実現できるさまざまな設備。新築一戸建てを建てるのであれば、ぜひとも導入したいものです。これから家を建てる予定のある方は、理想の住まいを実現するために検討してみてはいかがでしょうか。

ページトップへ