ゼロホームは京阪グループの一員です

ゼロホーム住宅お役立ち情報

新しいお家を守る!すぐ実践できる防犯対策まとめ

新築一戸建てを建てる時の重要なポイントの1つに防犯対策があります。近年では空き巣など物騒な事件が多いので、それから家を守らなければなりません。しかし、どうやって防犯対策をすればいいか分からない人も少なくないでしょう。そこで今回は、空き巣などに狙われやすい環境の特徴や、すぐに実践できる防犯のポイントをご紹介します。

■空き巣などに狙われやすい環境の特徴とは?

・大きな公園が近くにある

基本的に侵入者は物件の下見を行います。もし物件の近くに大きな公園があると、不特定多数の人に紛れて侵入者が長時間下見をしても怪しまれることがないため、入念な下見をすることができます。そのため、何時から家を留守にしているのか、窓はどこに付いているのか、どんな人が住んでいるのかなど、物件の色々な情報が分かり侵入者にとっては好都合なため、ターゲットになりやすいです。

・庭などに樹木が多く見通しが悪い

また、庭などに木をたくさん植えていて見通しが悪い物件や高い塀に囲まれている物件も要注意です。一見、家の周囲が囲まれていると安全なように見えますが、一度侵入すると外から誰にも見られずに作業することができます。ですから、空き巣がしやすいので侵入者に狙われる可能性があります。

・袋小路など視界の悪い立地にある

袋小路などに面していて視界が悪い物件なども気を付ける必要があります。なぜなら、このような立地にある物件は死角が生まれやすく、侵入や逃走がしやすいため空き巣に入ってもバレにくいからです。そのため、このような立地に新築一戸建てを建てる場合は防犯対策を強化する必要があります。

■新築一戸建てで実践できる防犯のポイント

・ガラスに防犯フィルムを貼ったり防犯ガラスにする

警視庁の調査によると、空き巣の侵入方法で一番多いのが窓ガラスを割って侵入する方法です。このような侵入を防止するためには防犯ガラスを設置することが効果的です。防犯ガラスとは2枚の板ガラスの中に特殊なフィルムが挟み込まれているガラスで、割れにくい構造になっています。侵入者を撃退するにはうってつけだといえます。しかし「防犯ガラスは費用的に高い」という人もいるでしょう。その場合は普通のガラスに防犯フィルムを貼ることでも防犯対策をすることができます。ただし、防犯フィルムを貼る際には窓全体に隙間なく貼ることが大切です。もし隙間があるとその隙間から窓を割られてしまうので注意しましょう。

・補助錠付きの窓やサッシか確認し、ない場合は補助鍵を付ける

また、補助錠を取り付けるのも防犯対策にとても有効だといえるでしょう。補助錠とは、主錠の他にもう1個別に取り付けるサブの鍵のことです。もともと補助鍵付きの窓やサッシの場合は安心ですが、補助鍵のない窓やサッシの場合は後付けで市販の補助鍵を設置すると良いでしょう。鍵が1つより2つ付いている場合、侵入者がピッキングする時間がかかるため、犯行を断念させる効果が見込めます。さらに、防犯意識の高さをアピールする効果もあるので空き巣などに狙われにくくなります。

・庭にセンサーライトや砂利などを設置する

庭に人や熱などに反応して点灯するセンサーライトを設置するのも効果的です。深夜に暗い足元を照らしてくれるのはもちろん、ライトが光ることで侵入者をいづらくさせる効果や、光った際に近所の住人が気づいてくれる可能性もあるので、防犯にはおすすめです。また、他にも砂利を敷くのも効果的です。庭に入ると「ジャリ」と音が鳴るので、誰かが侵入してきたことが分かり、侵入者の抑制効果につながります。そして、できるならセンサーライトと砂利をセットで使いましょう。そうすれば防犯効果も格段にアップすることができます。



これから新築一戸建てを購入しようとお考えの人は、空き巣に入られないように事前に環境をしっかりチェックするなど、上述した防犯対策をしっかりとることをおすすめします。そうすれば、安心して新築一戸建てで暮らすことができるでしょう。

ページトップへ