ゼロホームは京阪グループの一員です

ゼロホーム住宅お役立ち情報

対面キッチンは種類が豊富!それぞれの特徴についてご紹介します!

<ペニンシュラキッチンI型 当社施工事例>
 
昔は壁の方を向いて調理する姿が当たり前でした。このキッチンレイアウトを「壁付キッチン」といいます。現在はリビングのほうを向いて調理するキッチンが普及しています。
このキッチンレイアウトを「対面キッチン」といいます。
対面キッチンは見た目がおしゃれで、使い勝手の幅も広がり、幅広い年代の方から人気があります。
これから家を建てるなら、「対面キッチン」にしてみませんか。今回は対面キッチンの基本についてご案内いたします。

■対面キッチンとは? 対面キッチンの種類について

まずは対面キッチンの種類をご紹介いたします。

・人気の対面キッチンはこの2つ

特に人気が高い対面キッチンがこちらの2つです。
 
<アイランドキッチン>
アイランドキッチンはキッチンが独立しており、どの面も壁に接していないキッチンのことです。おしゃれなデザインが多く、対面キッチンの中でもっとも開放感のある仕様となっています。
 
<ペニンシュラキッチン>
ペニンシュラキッチンはキッチンの左右どちらか一方が壁に接しており、まるでペニンシュラ(半島)のように見えるキッチンです。こちらはアイランドキッチンよりも比較的省スペースで設置することができます。

・対面キッチンのレイアウト

対面キッチンのレイアウトは3パターンに分けられます。
 
<I型キッチン>
I型キッチンは横一列にシンク、コンロ、調理台が並んでいます。対面キッチンのなかではもっとも多いレイアウトです。
 
<Ⅱ型キッチン(セパレートキッチン)>
Ⅱ型キッチンは別名「セパレートキッチン」とも呼ばれ、コンロとシンクが異なるキッチン台に設置されています。キッチン台が2つに分かれているので、振り向くだけで別の作業が可能になり、調理中の家事動線を短くすることができます。
 
<L型キッチン>
L型キッチンは頭上から見てキャビネットがL形に配置されたキッチンを指します。
キッチンの片方が壁と接しており、壁面収納をしっかり確保することができます。Ⅱ型キッチン(セパレートキッチン)同様に家事動線を短くすることができます。

・対面キッチンとカウンターキッチンは違う?

カウンターキッチンは対面キッチンとも呼ばれているため、対面キッチンとカウンターキッチンは同じものを指すことがあります。しかし、カウンターキッチンの場合、「カウンター」と名前がついていることから、キッチンにカウンターがあるタイプのものを指します。そのため、対面キッチンであってもカウンターがなければカウンターキッチンではありません。

■対面キッチンのメリットとデメリット

<L型キッチン 当社施工事例>
 
対面キッチンにはどのようなメリット・デメリットがあるのか、こちらで紹介いたします。

・メリット

<コミュニケーションがとりやすい>
対面キッチンはリビングやダイニングに向けて視界が広がっているので、家族と会話をすることが可能です。壁付キッチンよりも孤独感を感じにくいというメリットがあります。
 
<リビングの様子が確認しやすい>
ご家族に小さなお子さんやご年配の方がいらっしゃる場合、またペットを飼っていらっしゃる場合など、リビングを確認しにくいのは不安ですよね。対面キッチンであればリビングの様子が確認しやすいのでおすすめです。
 
<収納場所を増やしやすい>
対面キッチンは壁面が空きやすいので、キッチンに面していない壁をキッチンクローゼットとして使用することができます。収納スペースをたくさん確保したい方は検討してみてはいかがでしょうか。

・デメリット

<十分なスペースが必要>
対面キッチンは壁付キッチンに比べてキッチンスペースが広くなるため、十分なスペースを確保しなければなりません。特に、完全独立型であるアイランドキッチンは対面キッチンの中でももっとも広いスペースが必要になります。
 
<ニオイ・水はね・油汚れの対策が必要>
キッチンとダイニングの間に仕切りがないので、水はねや油汚れが床につきやすくなってしまいます。また、壁がないことでニオイがリビングダイニングに充満してしまうこともあります。

■対面キッチンのデメリット対策法

対面キッチンを設置する場合は、デメリットを踏まえたうえで対策を講じることが必要です。

・スペースに合わせたレイアウトを選ぶ

まずはどれくらいのスペースをキッチンに使用できるかを考えましょう。場合によってはⅡ型キッチンよりも通路が確保しやすいL型キッチンの方が向いていることもあります。

・ガラスの仕切り

開放感を失いたくないけれど、ニオイや煙が気になるという場合は、ガラスの仕切りを設置するという方法があります。ガラスの仕切りを作る際は、汚れが落ちやすいガラスを選ぶとお手入れが楽になります。

・壁面やカウンターを設ける

キッチンの周りにカウンターや壁を設けることで、水はねや油はねを防ぐことができます。
また、カウンターがあると配膳や片付けが楽になります。
 
対面キッチンはおしゃれで人気ですが、様々な設備メーカーがあり、スタイルやカラーもバリエーションが豊富ですので、どのタイプが良いかをしっかり見極めることが大切です。対面キッチンを設置したい方は、モデルハウスやショールームなどで実際の仕様をぜひ確認しましょう!

ページトップへ