ゼロホームは京阪グループの一員です

ゼロホーム住宅お役立ち情報

家族みんなで快適に。二世帯住宅の間取りについて


両親の介護や子育てなどを考えたとき、別居ではなく二世帯住宅というライフスタイルを選択する方も少なくありません。二世帯住宅は、完全同居型・一部同居型・完全分離型の3つのタイプに分かれます。
ここでは、それぞれのメリットやデメリット、適したライフスタイルなどをご紹介します。

ゼロホームの「しあわせ二世帯住宅」みんなが笑顔に変化し続ける「家族のカタチ」に合わせて100年住み続ける二世帯住宅

■完全同居型

完全同居型は、ひとつの家に二世帯が同居するスタイルです。キッチンやバスルーム、リビング、玄関などは共有で、寝室や書斎などの個室だけが別になるスタイルです。

◇メリット
完全同居型のメリットは、毎日顔を合わせることによってお互いの状況が分かるというものです。そのため、病気やケガなどの異変に早く気づくことができるだけでなく、それよりも前の未病段階の異変にも気づくことができるため、安心して生活ができます。
また、光熱費や通信費なども共同となるため、経済的なメリットも大きい点が特徴です。

◇デメリット
デメリットとしては、お互いのプライベートが保ちにくいという点があげられます。寝室や書斎といった個室でしかプライベートを保てないため、人によって多少の不自由さを感じることがあるかもしれません。
また、間取りの関係で生活音が響きやすいところに寝室があるなどの場合、夜遅くに音を立てられない、気を遣うなどのデメリットも考えられます。

◇完全同居型に適したライフスタイル
完全同居型は、「両親が高齢で介護が必要」「子どもが小さく、祖父母にも子育てにかかわってほしい」「できるだけ経済的な負担を軽くして生活したい」といった方に適しています。また、生活が比較的規則正しく、両世帯で生活サイクルが違いすぎない場合なども、完全同居型に適しています。

■一部同居型


一部同居型は、例えば1階に親の世帯、2階に自身の世帯というように、フロアで世帯を分け、一部のみを共有するスタイルの二世帯住宅です。
基本的な生活スペースであるリビングや寝室のみを分けるスタイルや、キッチンなどの水回りも別々にするといったように、世帯によっていろいろなスタイルを取ることができます。

◇メリット
一部同居型のメリットは、適度な距離を保って生活ができる点です。フロアが別になってはいますが、一部を共用にすることで、毎日顔を合わせることができ、お互いの体調の変化などにも気づくことができます。一方リビングなどは別なので、プライベートな空間も確保できている点がメリットといえます。

◇デメリット
デメリットとしては、共用部分のルールを決めておかないとトラブルになる可能性がある点です。例えば、入浴の時間が全くバラバラになってしまうと、入浴するたびに追い焚きが必要になるなど光熱費の無駄が生じてしまいます。また、生活サイクルが全く違う場合は、なかなか顔を合わせる機会がないというのも、ややデメリットと感じる方がいるかもしれません。

◇一部同居型に適したライフスタイル
一部同居型は、プライバシーは適度に守りつつ毎日顔を合わせておきたいという方や、生活サイクルが違うといった方が適しています。また、女性同士でインテリアの好みが全く違うような場合も、一部同居型にしておくと互いのストレスが軽くて済みます。

■完全分離型


完全分離型は、建物は同じであっても、玄関やキッチンなどのすべての生活空間を別にしている二世帯住宅です。

◇メリット
お互いにプライベートを重視しており、そこまで密な交流をしたいとは考えなくとも、何かあったときにはすぐに駆けつけられる距離にいられるという点が完全分離型のメリットといえます。
また、インテリアや間取りが完全に分けられることから、お互いが自分たちの暮らしやすいように家を管理できる点もメリットです。

◇デメリット
デメリットとしては、顔を合わせようとしなければいつまでも合わせずにいられるため、なかなか変化に気づかないという点があげられます。また、ひとつの建物の中でキッチンやバスルームなどの水回りが二世帯分必要になるため、それだけ建築費や水道光熱費などもかかってきます。この他、二世帯住宅に対して支給される補助金などの対象外になるというデメリットも考えられます。

◇ライフスタイル
お互いに干渉されたくないという希望を強く持っている場合や、生活スタイルが全く違うといった方には、完全分離型が適しているといえます。

いろいろなパターンが実現できる二世帯住宅。プライベートを重視するかそうでないか、経済的な負担が軽い方がいいのかなど、さまざまな条件によっても選ぶスタイルは変わってきます。お互いにとって快適な二世帯住宅が選べるよう、しっかりと話し合いをして決めることが大切です。

ゼロホームの「しあわせ二世帯住宅」みんなが笑顔に変化し続ける「家族のカタチ」に合わせて100年住み続ける二世帯住宅

ページトップへ