ゼロホームは京阪グループの一員です

ゼロホーム住宅お役立ち情報

勾配天井で解放感とおしゃれ度アップ!【知っておきたいメリット・デメリット】

皆さんは勾配天井と聞いて、すぐにどんなものを想像しますか?
勾配天井とは屋根の傾斜に合わせて、住宅内の天井が斜めになっている天井のことをいいます。
おしゃれなカフェなどでよくみられる勾配天井ですが、実は住宅に用いることができます。
今回は勾配天井のメリットとデメリットや住宅に取り入れる際のポイントについてご紹介いたします。

■勾配天井を取り入れるメリット

よく挙げられるメリットをご紹介させていただきます。

・大きな開放感がある

お部屋に開放感が出るというのが勾配天井の一番のメリットです。
同じ広さのお部屋でも、勾配天井だと縦に視線が抜けるので大きな開放感が得られます。

・通気性に優れている

勾配天井の高い位置に開閉可能な窓を設置することでお部屋の風通しが良くなり換気ができます。

・平屋や2階建てとの相性がいい

勾配天井は天井が傾斜しているため、上階に部屋を作ることができません。つまり、勾配天井は平屋や2階建てと相性が良いということになります。

■勾配天井を取り入れるデメリット

・間取りに制限がある

憧れる人が多い勾配天井ですが、どの部屋につくっても良いと言う訳ではありません。
例えば寝室や子ども部屋の間取りはそれほど広いつくりではないため、天井だけ高くしてしまうとアンバランスで落ち着かない空間になってしまいます。勾配天井は、ある程度ゆとりのある広さのお部屋や、リビングなどに採用するのがおすすめです。

・屋根形状の影響を受ける

片流れ屋根なら一方向に高い勾配天井に、真ん中で折れ曲がった屋根なら部屋の真ん中が一番高い勾配天井にという風に、勾配天井は屋根形状の影響を大きく受けます。そのため、勾配天井にこだわるなら屋根の形も重要になってきます。

・冷暖房効率が悪くなる

勾配天井は天井裏がないので天井=屋根になります。そのため太陽の熱が伝わりやすく熱がこもってしまいがちです。また部屋の容積が増える分、家の断熱性や機密性が失われ、夏場冬場のエアコン代アップに繋がってしまいます。

■勾配天井を住宅に取り入れる3つのポイント

勾配天井を住宅に取り入れる際の3つのポイントをご紹介させていただきます。

・照明を考えよう

最近は省エネ長寿命のLEDが主流になってきていますが、それらもいつかは交換するタイミングがやってきます。天井の高い勾配天井は自分で電球の交換がしづらく、電気屋さんなどにお願いすることになります。

ダウンライトを選んだ場合だと特に大変になります。
最近のダウンライトは器具と電球の一体型になっていることが多く、LEDが切れた時点で器具ごと交換することになるからです。天井の形が特殊なため、メンテナンスがしやすい照明を選ぶことが重要になります。

・シーリングファンをつけると冷暖房効率アップ

天井が高い勾配天井にはシーリングファンを取り付けることで冷暖房効率のアップが期待できます。
シーリングファンを選ぶ際は、対応角度や部屋の広さなどを参考に、どの程度の大きさのファンが良いかを検討しましょう。シーリングファンの修理や交換をする場合、照明器具と同様に足場が必要になりますので、将来のメンテナンスの費用も視野に入れておきましょう。

・断熱性と気密性を高くしよう

断熱性や気密性の高い家にすることは大切です。
家全体の熱損のうち、4割は窓だといわれています。
勾配天井に窓を設置する場合、窓自体の断熱性能を上げる工夫も必要になります。
 
勾配天井はおしゃれで開放感がある分、デメリットをどう解消するのかが重要です。ご紹介した3つのポイントを意識しながら検討してみましょう。

ゼロホームでは勾配天井の住宅も取り扱っております。勾配天井の住宅に興味がある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

ページトップへ