ゼロホームは京阪グループの一員です

ゼロホーム住宅お役立ち情報

何歳から子供部屋は必要? 年齢ごとに必要な理由は異なる!

皆さんは何歳ごろから子供部屋が必要だとお考えですか?
“中学生くらいまでは不要”とお考えの方もいらっしゃるでしょうし、反対に“幼稚園くらいから必要”とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。お子さんのいらっしゃるご家庭にとって、住宅を建てる際の間取り検討時に、子供部屋の数や広さの確保はとても重要ですよね。
今回は「子供部屋は何歳から必要なのか」について一緒に考えてみましょう。

■何歳から必要かは、子供部屋の活用方法次第?

先に結論から申し上げると、「何歳からでも子供部屋を与えて良い」と考えられます。
その理由は、具体的な子供部屋の活用方法について知ることで納得できるのではないでしょうか。

・幼稚園以下の子供部屋

幼稚園以下のお子さんは、まだ家族と一緒に過ごす時間の方が長いと思います。そのため、普段から子供部屋として使うのではなく、まずは自分の持ち物を管理する部屋として利用することから始めてみてはどうでしょうか。たとえば幼稚園や保育園で使う鞄を置く場所や、自分のおもちゃを管理する部屋として使うことから始めてみるといった方法がおすすめです。

・小学生の子供部屋

小学生になると学校や習い事で使う教材などもどんどん増えていくため、本格的に子供部屋を活用する時期に入ります。多くのものを管理しなくてはならないため、子供部屋の様子を見ながら片付ける習慣を身につけさせてあげましょう。
また、中・高学年くらいになるとプライバシーを気にするお子さんも出てくると思います。一人になれる空間が欲しいと思うようになる時期ですので、子供部屋の必要性がさらに高まります。

・中学生以上の子供部屋

中学生以上になると、反抗期を迎えるお子さんも出てくるかもしれません。家族と喧嘩をして気まずいときに、一人になれる子供部屋があれば心を落ち着かせることができます。一人部屋があることで、親と少し離れる自分だけの空間が生まれ、自分を見つめ、自立性を養うことができるのではないでしょうか。
 
また、中学生以上になると、家族と一緒にいる時間よりも友達と一緒に過ごす時間が増え、お友達を呼べるスペースとして自分の部屋(子供部屋)が欲しい年齢でもあります。さらに、高校生ぐらいになるとファッションや趣味に費やす時間も増え、それらに関するモノも増えるため、小さめのお部屋ではスペースが足りなくなるかもしれません。

■子供部屋をあえて作らない方法もある

最近は「あえて子供部屋を作らない」というご家庭もあります。

・リビングの隅にスペースを作る

子供部屋は作らず、勉強のための専用スペースをリビングの隅に作るというご家庭もあります。リビングの隅にあることでお子さんがきちんと勉強をしているか、また分からないことがないかを見てあげられます。個室として子供部屋を与える前の練習としても活用できます。

・勉強をする場所はリビングの方が良い?

勉強をする環境はリビングと子供部屋のどちらが良いのでしょうか。
双方のメリットとデメリットについて説明いたします。
 
<リビングのメリット・デメリット>
リビングで勉強をする場合、お子さんが集中できているかどうかを確認しやすくなります。
お子さんも家族が近くにいることで苦手な科目や分からない部分を放ったらかしにせず、家族に質問しながらクリアしていこうという気持ちになれます。
ただし、テレビがついていたり家族が大きな声で話をしていると、そちらに気が向いてしまうので、お子さんが勉強しているときはできるだけ静かにするなどの工夫をしましょう。
 
<子供部屋のメリット・デメリット>
子供部屋で勉強をするメリットとして「静かな環境で集中しやすい」「参考書など勉強に必要な物が近くにある」ということが挙げられます。特に、受験を控えたお子さんであれば家族がいるリビングよりも1人で集中して勉強に励む方が良いというケースもあります。
 
一方、デメリットとしては、子供部屋はお子さんが1人になってしまうので、本当に勉強をしているのか分からない、何をしているのかわからないという心配があります。

■子供部屋を作る際の注意点

最後に子供部屋を与える際の注意点をご紹介いたします。

・部屋を持つ意味や目的を話し合うこと

いきなり子供部屋を与えられてもお子さんは戸惑うかもしれません。
特に、幼稚園や小学校の低学年の間は寂しさを感じることもあるでしょう。
子供部屋を与える際は、必ずお子さんと部屋を持つ意味や目的について話し合うようにし、お子さんが納得することが大切です。

・引きこもりやすい部屋にしないこと

リビングを通らない場所や、玄関からすぐに入れる位置にある子供部屋は1人の時間を増やしてしまい、家族とコミュニケーションを取らなくなってしまいます。
お子さんの変化や様子に気付きやすいようにするためにも、帰ってきたら必ず家族と顔を合わせる機会を作りましょう。

・少しずつ慣れさせることが大切

何歳から与えても問題はありませんが、急に子供部屋で全てをさせるのは難しいことです。お子さんが1人で眠れるようになるまで側で様子を見てあげるなど、少しずつできることを増やしていくように手助けすることも大切です。

 
子供部屋は何歳からでも良いという理由の1つとして、将来的にプライバシーを気にするタイミングが訪れることが挙げられます。小さいうちはプライバシーよりも家族と一緒に居たいと思うかもしれませんが、成長とともにプライバシーの意識が芽生えていきます。
 
ゼロ・コーポレーションでは、お子さんが子供部屋を必要としたときのことを考えた家づくりも行っております。新築住宅の間取りを考える際、プロの目線から子供部屋を作る場所や広さなどのアドバイスをさせていただきますので、ぜひゼロ・コーポレーションまでお問い合わせください。

ページトップへ