ゼロホームは京阪グループの一員です

ゼロホーム住宅お役立ち情報

二世帯住宅を建てるなら考えておきたい「バリアフリー」のこと


二世帯住宅を建てる上で、バリアフリー対策は重要なポイントです。親世代が元気なうちはなかなか現実味を帯びないものですが、実際に介護が必要になったり、車椅子での移動が必要になったりしたときに、後になってバリアフリー仕様に改築するのは、費用も余計にかかることになってしまいます。
二世帯住宅を建てるときに考えておきたいバリアフリー対策についてご紹介します。

ゼロホームの「しあわせ二世帯住宅」みんなが笑顔に変化し続ける「家族のカタチ」に合わせて100年住み続ける二世帯住宅

■バリアフリーにするときに気をつけること

バリアフリー仕様の二世帯住宅を建てる際には、気をつけておきたいポイントがあります。

・車椅子での移動まで視野に入れる

今はまだ元気な親世帯も、いつ何が起きるか分かりません。なかなか具体的にイメージするのは難しいものですが、車椅子で室内を移動することになったときのことを想定した間取りにすることがポイントです。車椅子が移動しやすい廊下の幅はどれくらいなのか、玄関の段差はどうやって乗り越えるかなど、車椅子で移動することを念頭に置いて間取りを考えましょう。

・すべてをバリアフリーにしなくてもよい。予算と相談を

バリアフリー対策といっても、その内容はさまざまです。二世帯住宅の全体をバリアフリーにしようとすると、費用面で難しいこともあるかもしれません。確かに全体的にバリアフリー対策が施されていれば安心ですが、ポイントを絞って一部だけをバリアフリーにするという対策でも十分対応できることもあります。予算と相談してポイントを絞りましょう。

■ここだけはバリアフリーにしたい!外せないポイント


予算との兼ね合いで、ポイントだけをバリアフリーにする場合には、外せないポイントを知っておくことが大切です。一般的にバリアフリー対策をしておきたいポイントは、玄関、廊下や階段、トイレやバスです。

・玄関

玄関は一般的に段差があることが多く、健康で自分の足で歩けるとしても移動が大変になることもあります。道路から玄関までに高さがある場合は、階段とスロープを分けて設置する、階段を増やして一段の段差を小さくする、手すりをつけるなどの工夫が必要です。

・廊下、階段

廊下や階段は毎日何度も通る場所です。ここがバリアフリーになっていないと、生活がかなり不便になりかねません。段差をできるだけなくす、床材は滑らないものにする、足元の低い位置にフットライトをつけて夜の移動に配慮するといった工夫があると安心です。
また、車椅子の移動や人が2人並んで移動するときに移動しやすい幅を確保することも大切です。

・トイレ、バス

車椅子での移動の場合、トイレとバスはどうしても車椅子を降りて使わなければならず、介護が必要になるとヘルパーさんや家族の介助が必要になります。複数人が入っても対応できるスペースは確保しておきたいところです。
移動が楽になるように手すりを設置し、特にバスルームは滑らないように滑り止めのある床材にすると安心です。また、冬場の事故を防ぐためにも、快適に過ごせるよう暖房設備の設置も検討しておきましょう。

■親世代の寝室のバリアフリーアイデア


介護が必要になると、1日の多くを過ごすことになる寝室。この寝室にもバリアフリー対策をしておきたいものです。寝室のバリアフリーアイデアをご紹介します。

・トイレを近くに配置

夜中に物音を立てるのを遠慮してしまうことを防いだり、暗い中で移動が大変といったストレスをできるだけ軽くするため、寝室とトイレは近くに配置すると便利です。合わせて、寝室やトイレの音が聞こえにくい場所に子ども世代の寝室を配置しておけば、お互いにストレスが軽減します。

・寝室の真上に子ども部屋を置かない

子ども部屋やリビングが寝室の真上にあると、遅くまで物音がして、落ち着いて休めないことも考えられます。これらの部屋が親世代の寝室の真上にこないように間取りを工夫するのもひとつのアイデアです。

・寝室の窓は大きめに

日中は太陽の光が多く入るよう、窓を大きめに取ることで、移動が少なくなっても快適に過ごすことができます。窓を開けたときに風通しがよい場所を寝室にするというのもひとつです。また、道路に面していると窓を開けたときに騒音が気になることがあるため、この点も注意しましょう。
窓が大きいと、大きな荷物を入れるときにも重宝します。大きな窓はいろいろな使い方ができて便利です。

二世帯住宅を建てるときに配慮しておきたいバリアフリー。いろいろな対策法がありますが、予算とのバランスをみながら、本当に必要な箇所を見極めましょう。

ゼロホームの「しあわせ二世帯住宅」みんなが笑顔に変化し続ける「家族のカタチ」に合わせて100年住み続ける二世帯住宅

ページトップへ