ゼロホームは京阪グループの一員です

ゼロホーム住宅お役立ち情報

ランドリールームとは?おしゃれに効率よく洗濯しよう!


家事の中で手間や時間をとられてしまう仕事の一つといえば“洗濯”ではないでしょうか。
できるだけ楽に洗濯を済ませたい方におすすめなのが「ランドリールーム」です。
今回は、ランドリールームをどこに設置するべきか、メリットや空間づくりのポイントも合わせてご紹介いたします。

■ランドリールームとは

まずはランドリールームの簡単な説明と、おすすめの間取りなどをご紹介します。

・ランドリールームって?

ランドリールームは、洗濯に関する作業を全て行うことができる部屋を指します。
つまり洗濯機や乾燥機だけでなく、物干し竿やアイロン台などもまとめて設置しておくことで家の中を往復する手間を省き、効率よく洗濯を終わらせることができます。

・家のどこに配置する?

ランドリールームを設置する際は、生活動線を考慮して場所を選びましょう。
家の中を移動せず洗濯をスムーズに行うには、生活動線の邪魔にならない場所にランドリールームを配置すると良いでしょう。
例えば、ベランダや庭に面している部屋をランドリールームにすると、洗濯物を干したり取り込む際に便利です。

・間取りは広すぎないよう注意

洗濯物が畳みやすいスペースを確保するなら、3畳以上のランドリールームが理想とされています。それ以上広くしてしまうと、他の居住空間が狭くなってしまい生活が不便になるリスクがあります。また、ある程度コンパクトな空間の方が無駄に動き回らずに済みます。
理想のランドリールームの広さは各家庭の家の広さや間取りの優先度などで異なりますので、家族としっかり話し合って決めるようにしましょう。

■ランドリールームのメリット

ランドリールームを設置することによって生まれるメリットを3つご紹介します。

・家事の効率が上がる!

ランドリールームがあれば洗濯に関する全ての家事が一度に行えるため、家事の効率が上がります。

・雨の日も干すことが可能

雨の日に外干しができなくてもランドリールームがあれば室内干しが可能です。
リビングなどの生活スペースに洗濯物を干す必要がなくなるので見た目もすっきりします。

・洗濯物が散らからない

取り込んだ洗濯物をリビングのソファーや床に放置してしまうことってありますよね。
しかし、ランドリールームを設置していると取り込んだ洗濯物をその場で畳んだり、アイロンをかけることができるので生活スペースに洗濯物が散らからずに済みます。

■おしゃれなランドリールームづくりのポイント

ランドリールームがおしゃれになる3つのポイントをご紹介します。

・収納テクニックですっきり見せる

洗濯洗剤のストックやハンガーなどの洗濯小物っていつの間にか増えてしまいませんか。
大小さまざまなサイズのカゴを用意してアイテムごとに整理すると、使いたいものだけをサッと取り出せるようになります。使い終わったらカゴに入れて元に戻すだけなので、片付けが苦手な方にも簡単に実践できます。

・ラックや棚を活用する

衣類や洗剤などの日用品が集まるランドリースペースは、ラックや棚を活用して整理・収納しましょう。デッドスペースになりがちな洗濯機上のスペースもラックを使用すれば、有効活用できます。

・色をあわせて統一感を

ランドリールームの壁や天井が真っ白だと清潔感がありますよね。しかし、洗剤類のボトルはカラフルなものが多く、そのまま並べて置いていると雑然とした印象になります。
そこで、買ってきたボトルのまま使わず、一度洗剤類を白いボトルに移し替えたり、おしゃれなBOXに洗剤のボトルなどをまとめて収納したりすると統一感が出てすっきりします。
※漂白剤は他の容器に移し替えると破裂などを起こす可能性があるためおすすめしません。
洗剤などを移し替える前には必ず注意事項を読みましょう。

これらの3つのポイントを踏まえて、デッドスペースを活用しながらおしゃれなランドリールームを目指しましょう。

家事が便利になるランドリールームの魅力はご理解いただけたでしょうか?
ゼロホームではランドリールームのある住宅も手掛けております。
ランドリールームつきの住宅建設をお考えの方は、ゼロホームまでお気軽にご連絡ください。

ページトップへ