ゼロホームは京阪グループの一員です

ゼロホーム住宅お役立ち情報

2階リビングのメリット・デメリットとは?デメリットへの対処法も教えます。


これまでマイホームを建てる際、リビングは1階に配置するというのが一般的でした。しかし最近は狭小住宅を広々と活用する工夫の一つとして、2階リビングにするという家庭が増えてきました。そこでリビングを2階に配置することのメリットとデメリットについて調べてみました。

■2階リビングのメリット

2階リビングにすることで得ることができるメリットとはどのようなことでしょうか。

・日当たりが良くなる

狭小住宅は隣の家との間隔が狭いので、1階部分の日当たりが確保しにくいという問題があります。2階リビングにすると、1階に配置したときよりも太陽の光が長い間差し込み、明るく居心地の良いリビングが可能になります。

・眺めが良くなる

窓からの眺めが開放的になるのも2階リビングの特長です。1階の場合、窓から見える景色は隣の家の壁や道路、通行人ばかりですが、2階は空が見えるのでリビングからの眺めが良くなります。また窓を開けていても通行人から家の中が見えにくくなるので、プライバシーを気にすることも少なくなります。

・天井が高く開放的

2階リビングは屋根の角度をうまく利用した勾配天井にすると、天井が高く開放的な空間に仕上がります。

・ロフトとの相性が良い

勾配天井にした場合、空間を有効活用できるロフトを設けることも可能です。家族が集うリビングとロフトを上手に一体化させることで、デッドスペースになりがちなロフトを趣味スペースや見せる収納スペースとして活用でき、空間全体が目につきやすいため自然と整理整頓の意識も芽生えます。

■2階リビングのデメリット


2階リビングにすることで暮らしやすさや家族とのコミュニケーションにデメリットはないのでしょうか。

・子どもの様子が解りづらくなる

狭小住宅の場合、2階リビングにすると子供部屋は1階にするという選択を取らざるを得ない場合があります。階が分かれることで子供の動きに目が行き届きにくくなるため、「帰宅したかどうかわかりづらい」といったデメリットがあります。

・階段の上り下りが負担

2階リビングの場合、買い物の荷物を持って上がったりゴミ出しをする際、大きな荷物や重い荷物を抱えて階段を上り下りする必要があるため、その分負担が増えます。
また将来自分が年をとったときや、家族に介護が必要になったとき、階段の上り下りが面倒に感じるようになります。

■デメリットの対処法


2階リビングのデメリットである階段と子供部屋への対処法を前もって考えておけば、「どうしよう」「困った」といった機会を減らすことができます。

・階段への対策法

毎日両手に荷物を持って階段上り下りするのは大変だし危険ですよね。
階段の勾配をゆるやかにしたり踏み板の幅を広くしたり滑りにくいゴムを貼ることで、転落やつまずきの危険性を防げます。さらに、将来年を取った時のことを考え、あらかじめホームエレベーターを取り付ける場所を想定しておくと安心です。

・子供部屋の対処法

1階部分に子供部屋を設置する場合、あまり広々とした空間にするよりも必要最低限の広さの空間にすることをおすすめします。

子供が成人して家を出ると、子供部屋として使っていた場所が必要なくなってくるからです。それよりリビングを充実させた方が、お互い自然と顔を合わせる機会が増え、コミュニケーションがとりやすくなります。勉強スペースは2階リビングに併設すれば子供の様子もわかり、子供も分からないところをすぐに聞けるので一石二鳥ですよ!

2階リビングは他の部屋の使い方や設備を整えることで、家族全員が居心地の良い空間になります。これから家を建てようとお考えの方は、2階リビングで満足のいく我が家を設計してみませんか。

ページトップへ