ゼロホームは京阪グループの一員です

ゼロホーム住宅お役立ち情報

自分好みの夢の城 「注文住宅」を建てましょう!

テレビで自宅を紹介する番組を見たことはありますか?紹介されている家の多くは注文住宅です。注文住宅と聞くと「敷居が高そう」「予算がかかりそう」といったイメージがありますが、皆さん予算や場所、建築基準法の制限など様々な条件を上手くクリアして快適な家に住んでいらっしゃいます。そして施主たちは口々に「自分の理想を叶えられて満足している」と話しています。今回はそんな夢の城「注文住宅」についてお伝えいたします。

■注文住宅とは

注文住宅とは「設計するところから始まり、外観や内装などを住む人の好みやこだわりに合わせて建てた家」をいいます。建売住宅とは違い、選ぶ施工業者にもよりますが、間取りやコンセントの位置をはじめ、使用する建材、壁紙やフローリングの材質、ひいてはドアノブなど、一つひとつを細かく選んで組み立てることも可能です。とても自由度が高く個性が表れやすい家になりますが、こだわりを持ちすぎると予算がオーバーしたり、工事に時間がかかります。また何度も打ち合わせをする必要があるため、話をスムーズに進めるためにはあらかじめ建材や建築方法についてある程度の知識を持っておいた方良いでしょう。

■だれに建ててもらう?

注文住宅の建築はハウスメーカーや工務店が請け負います。
それぞれの特徴をあげてみました。


【ハウスメーカー】
ハウスメーカーは独自の資材や技術を持ち企業規模が大きく品質も安定しています。工程がシステム化されているので工期が短くて済みます。多くのメーカーがモデルルームを持っているので完成イメージがしやすいですが、イレギュラーな注文に対しては対応してもらえない場合があります。アフターフォローがしっかりしているので安心して長く住める家になります。


【工務店】
ハウスメーカーと違い「地域密着型」で企業規模はあまり大きくありません。全国展開しているハウスメーカーにフランチャイズ加盟している店舗なら安定した技術や資材を積極的に取り入れています。打ち合わせに技術者が参加する場合があるので、施主のオーダーが伝わりやすいです。施工途中でも多少の融通は聞いてもらいやすく、アフターサービスもきちんとしています。しかし企業規模が大きくないので事業継承されなければ会社自体がなくなる恐れがあります。

■注文住宅を建てる際のポイント

ポイントを見る前に注文住宅のメリットとデメリットを抑えておきましょう。


【メリット】
  ・オーダーメイドなので自由度が高い
  ・設計に応じて予算を自由に割り当てられる
  ・建築途中の家の見学ができる
  ・防犯や省エネなどの設備を選べる
 
 【デメリット】
  ・施工業者次第で工期が延びる
  ・打ち合わせの回数が多く1回の打合せ時間が長い
  ・こだわりすぎると予算がオーバーする
  ・特徴のある家なので場合によっては売却時に買手がつきにくい
  
上記メリット・デメリットを踏まえて注文住宅を建てる際のポイントをお教えします。
・トラブル回避のため打ち合わせの記録は残しておく
・イメージを共有しやすくするためカタログや雑誌の切り抜きを準備して視覚化する
・頭の中を整理するためにチェックリストを作成する
・こだわりを主張しすぎずプロの提案に柔軟に対応する
・見えるところには予算をかけて見えにくい部分や消耗する部分は低コストに抑えるなどメリハリを大切にする

■最後に

モデルルームを訪れると快適に暮らすための様々な工夫が紹介されています。省エネや防犯システム、バリヤフリーなど、家族の将来を見据え使いやすさを重視した設計や技術を知ることができます。しかし現実的には予算との相談が大きいところになります。「いかにコストを省いて理想の家を作ってくれる人を選ぶか」が最大のポイントになるでしょう。自分の理想をかなえるために親身になってくれる施工業者を選んで夢の注文住宅を建てましょう。

ページトップへ