ゼロホームは京阪グループの一員です

ゼロホーム住宅お役立ち情報

【次世代住宅ポイント制度】制度の内容や対象となる住宅の条件など


2019年10月の消費税増税の影響により、住宅購入やリフォームなどの駆け込み需要、反動減を危惧し『次世代住宅ポイント制度』が創設されています。対象となる条件は2019年の10月以降に引き渡しのある住宅や工事請負契約が締結された住宅となります。今回は“次世代住宅ポイント制度のしくみ”についてご紹介いたします。

1.次世代住宅ポイント制度概要

2019年の10月より施行が予定されている消費税の増税により、住宅購入やリフォームなどの駆け込み需要や反動減などに対する措置として「次世代住宅ポイント制度」がスタートしました。
 
新築の購入に対して最大35万ポイント、リフォームに対しては最大30万ポイントを付与し、獲得したポイントは『省エネ、環境に優れた商品』『防災関連商品』『健康関連商品』『家事負担軽減に役立つ商品』『子育て関連商品』『地域振興に役立つ商品』などと交換することができます。
  
また若者世帯・子育て世帯が、自分たちが住むことを目的に住宅を購入、リフォームをする場合はポイントの引き上げ特例があります。
 
次世代住宅ポイント制度は新築の購入またはリフォーム、貸家のリフォームが対象になっており、2020年の3月末日に契約を締結していることが条件になります。

2.対象となる住宅

対象となる住宅は注文住宅(持ち家)、分譲住宅(新築)、リフォームです。

3.ポイント獲得の条件

次世代住宅ポイント制度が適応される住宅の条件は以下の通りです。

■注文住宅

・2019年4月から2020年3月末日に請負契約や着工をしたもの
・2019年10月以降に引き渡しをしたもの
 
2018年12月21日から2019年3月末日に請負契約が締結され、着工が2019年10月から2020年3月末日に行われた物件に関しては経過措置として次世代住宅ポイント制度の対象になります。(消費税率は8%が適応)

■分譲住宅

・2018年12月21日から2020年3月末日に請負契約や着工、売買契約が締結されたもの
・2018年12月21日以前に完成された建物の場合、2018年12月21日から2019年12月20日に売買契約が締結されたもの(2018年12月20日までに新築の完了検査が終了し、検査済証を受けていること)
・2019年10月以降に引き渡しをしたもの

■リフォーム

・2019年4月から2020年の3月末日に請負契約や着工をしたもの
・2019年10月以降に引き渡しをしたもの
 

4.獲得できるポイント


獲得できるポイントは①標準ポイント、②優良ポイント、③オプションポイント、④リフォームポイントに分けられ、加算式になります。 ①+②+③の合計は1戸あたり上限35万ポイントです。

■①標準ポイント

次に紹介するいずれかに該当する場合、1戸あたり30万ポイントが付与されます。
 
【エコ住宅】断熱等性能等級4または一次エネルギー消費量等級4以上を満たす住宅
【長持ち住宅】劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2を満たす住宅
【耐震住宅】耐震等級2を満たす住宅または免震建築物
【バリアフリー住宅】高齢者等配慮対策等級3を満たす住宅

■②優良ポイント

上記に加え、下記の条件を満たす住宅である場合は5万ポイントが加算されます。(通常ポイントと合計して合計35万ポイント)
 
・認定長期優良住宅
・認定低炭素建築物
・性能向上計画認定住宅
・ZEH

■③オプションポイント

オプションポイントは家事負担を軽減する設備が備わっている場合に付与されます。
 
【ビルトイン食器洗い機】1万8,000ポイント
【掃除しやすいレンジフード】9,000ポイント
【ビルトイン自動調理対応コンロ】1万2,000ポイント
【浴室乾燥機】1万8,000ポイント
【掃除しやすいトイレ】1万8,000ポイント
【宅配ボックス】1万ポイント
【耐震性のない住宅の建替】15万ポイント

■④リフォーム(貸家含む)ポイント

リフォームポイントは1戸あたり上限30万ポイントが付与されます。
特例として若者世帯、子育て世帯がリフォームをする場合、上限が45万ポイントまで引き上げられ、既存住宅の購入を伴う場合は、60万ポイントまで上限が引き上げられます。
 
また若者世帯、子育て世帯以外の世帯が『安心R住宅』を購入、リフォームする場合は上限が45万ポイントまで引き上げられます。
 
~補足~
若者世帯とは
2018年の12月21日の時点で40歳未満の世帯、子育て世帯とは2018年の12月21日に時点で18歳未満の子どもがいる世帯または次世代住宅ポイント制度を申請した時点で子どもの年齢が18歳未満である場合を言います。
 
・安心R住宅とは
耐震性があり、建物状況調査が行われた中古住宅のことで、リフォームについての情報の開示が行われる住宅のことです。
開示する情報の内容は、『耐震品質が備わっている』『リフォーム工事済みまたは提案がされている』『点検記録等による住宅の保管状況など』で、中古住宅に対するネガティブなイメージを払しょくし、中古住宅の流通を促す目的で誕生しました。

5.次世代住宅ポイント制度、書類提出と問合せ先

各種書類の提出や問い合わせ先は「次世代住宅ポイント事務局」です。最新情報や詳細については下記サイトでご確認ください。

https://www.jisedai-points.jp/

ページトップへ