ゼロホームは京阪グループの一員です

特別編

特別編 特別編 特別編

周辺環境へ配慮したプランや、店舗付住宅、バリアフリー対応住宅など、ゼロホームは様々なプランに対応できます!

京都は間口が小さく道路も狭く、もともと建築に厳しい条件の敷地が多い土地。 その上にデザイン基準による規制が加わると、京都のまちなかでの建築には一層の工夫が要求されます。 しかし、憧れのマイホームを追求しながら、デザイン基準に適合した建築を叶えることは十分可能です。美しい京都のまちと共に生き、まちなみと一体になる家。 それが京都で求められる家づくりなのです。新景観施策に沿った建物デザインもゼロホームにお任せ下さい。

周辺環境へ配慮したプラン

周辺環境へ配慮したプラン

1200年を超える悠久の歴史に育まれ、世界遺産や伝統的な京町家が点在する京都のまち。 感動や懐かしさを呼び起こす景観は、京都のみならず世界中の人々に愛されています。
しかし一方で、都市開発により進む歴史的まちなみの破壊。そんな危機感を背景として、 2004年に国の景観法が制定されると共に、2007年から京都市独自で実施されたのが「新景観政策」です。 建築デザインや景観分野の専門家、市民などにより、京都の景観を未来に引き継いでいくための基準が作られました。
この政策では、店舗や商業施設はもちろん、一戸建て住宅の外観についても詳細なデザイン基準が設けられ、新たに建築する場合は 事前に京都市の認定を受ける必要があります。

京都型省エネ住宅「平成の京町家」

歴史都市・京都においては、単に省エネ住宅を普及させるのではなく、長い年月をかけて培われてきた 豊かな住文化を発展的に継承し、美しいまちなみ景観を保全、再生させていく視点を併せ持った省エネ住宅の普及が求められます。 そのひとつの答えが、京都の伝統的家屋である京町家の中にあります。
伝統的な京町家は、住宅の外部と内部を緩やかにつなぐことで、四季の移ろいを暮らしに取り込み、風や太陽、緑といった自然の恵みを 利用し、人やまちとの関係性を構築し、豊かな住文化を育んできました。
こうした伝統的な京町家の知恵と現代的な技術を融合した「平成の京町家」は、京都のまちや自然と共生する住まいと住まい方を提案するものです。

京都型省エネ住宅「平成の京町家」

店舗付住宅やバリアフリー対応住宅

ご自宅と店舗を兼ねた店舗付住宅や、バリアフリー対応の住宅など、ご希望に合わせて様々なタイプの住宅設計も可能です。

ページトップへ