ゼロホームは京阪グループの一員になりました

展示場モデルハウス

真・京都型住宅

2007.6月 完成

地域産材の活用、長期優良住宅仕様、CO2ゼロ住宅への挑戦など、時代を先導する工夫を随所に凝らした、全く新しいタイプの提案型モデルハウスです。

施工実例 CONSTRUCTION EXAMPLE

下のサムネイルをクリックすると、フォトアルバムがご覧になれます。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16

photo by TACO STUDIO/西村 浩一


「真・京都型住宅 」は、国土交通省によるパイロット事業「地域住宅モデル普及推進事業」の一環として、真の京都型住宅を訴求することを目的に、国の全額補助により建設されましたが、副次的な目的といたしまして、建物構造や性能に関してもっとも過酷な気候環境に耐えうる木造住宅、さらに、未来的に必然となるCO2ゼロ住宅(※2021年EUモデル)を目指し、様々な検証を深めながら、ゼロホームはより快適な暮らしを実現する「地球住宅」の創造に取り組んでまいります。

そこから学びえた技術、あるいは新たに見出した発想を活かしながら、更に「低価格」「高品質」「厚管理」な100年住宅のご提供に努力いたします。

※ 2021年EUモデルの概要(2009/11/29配信ニュースより)
欧州連合(EU)は2021年以降に新築する住宅やオフィスビルなどについて原則として、二酸化炭素(CO2)を実質的に排出しない「エコ建築物」とするよう義務付ける規制を導入する。EU加盟27カ国と欧州議会が(2009年11月)28日までに合意した。2010年1月に閣僚理事会などで正式に指令(法律)を採択した後、加盟国は2年以内に国内法を整備する。

施工実例 CONSTRUCTION EXAMPLE 施工実例 CONSTRUCTION EXAMPLE
ページトップへ