ゼロホームは京阪グループの一員になりました

高齢者等への配慮

住宅性能評価:高齢者等への配慮【等級2】

高齢者等への配慮として、玄関や浴室出入り口の段差の解消や、階段の安全性、階段やトイレ・浴室への手すりの設置、玄関・脱衣室に下地の準備など、基本的なバリアフリーの措置が取られています。

「ゼロの100年住宅」では標準で等級2をクリアしていますが、お客様のご希望にあわせ、さらに高い基準をクリアすることも可能です。

部屋の配置の工夫

部屋の配置の工夫

和室の出入口

部屋の配置の工夫

洋室の出入口

現在または将来、高齢の方が就寝のために使用する部屋と、トイレを同じ階に配置しています(※プランにより、配置できない場合もあります)。また、各室部屋の出入口の敷居は、埋め込みタイプにするなど、お子様やお年寄りがつまずかないよう、家の中の段差をできるだけなくしています(※プランにより、段差ができる場合もあります)。

※ただし、和室があるときは、段差ができる場合があります。

システムバスには「浴室暖房&手すり」を標準装備

システムバスには「浴室暖房&手すり」を標準装備

浴室は出入り口の段差をなくした(段差20mm以下)「バリアフリータイプ」で、浴槽出入りのための手すりを標準装備。さらに、浴室暖房つきで、血圧の上昇につながる浴室と他の部屋との温度差をやわらげ、安心して入浴していただけます。

玄関・洗面所には手すり下地を、トイレには手すりを設置

玄関・洗面所には手すり下地を、トイレには手すりを設置

将来必要になったときのために、あらかじめ玄関・洗面所には手すり下地を施工しています。また、高齢の方や小さなお子様も利用しやすいように、トイレには手すりを施工しています。

安全な階段

安全な階段

「ゼロの100年住宅」の階段は、勾配は22/21以下、550mm≦蹴上げ×2+踏面≦650mm、踏面は195mm以上、蹴込み寸法は30mm以下で上記の等級2を満たしています。
また、家庭内事故が最も多いといわれる階段の片側に安全のための手すりを設置しています。手すりの端の部分は、衣服の袖などが引っかかりにくい仕様となっており、高齢の方も安心してお使いいただけます。

ホタルスイッチ

ホタルスイッチ

家の中の照明スイッチに、暗くてもその位置がわかる「ホタルスイッチ」を採用しています。
高齢の方やお子様にも使いやすい「コスモシリーズ ワイド21」タイプとなっております。

さらなる高齢者等への配慮

当社の「高齢者等への配慮」等級は2ですが、この項目で紹介した内容は全て、等級3の基準をクリアしています。よりバリアフリーな住まいをご希望の方は、等級3の基準であるトイレ・洗面所の扉の有効幅員を750mm以上確保するためのメーターモジュール(1000mm)のプランもご提供可能です。家の中での車椅子の移動が楽になり、介助の際の危険や問題も軽減することができます。

ページトップへ